しっかり食事がとれていれば、日常は「水」でも十分!

普通に食事をしていれば塩分は十分に取れているので、日常生活における水分補給は「水」だけでも十分なことようです。ポイントは胃の働きを低下させないよう、コップ1杯程度をこまめに分けて補給することです。また、冷たすぎる水は胃に負担がかかるだけでなく腸を刺激することで下痢となる可能性もあるので5~15℃ほどの水を飲むのがおすすめです。

赤ちゃんや子供の熱中症対策にオススメの「麦茶」「ルイボスティー」!

日本の夏と言えば「麦茶」ですが、健康のためにおすすめの飲み物でもあります。1つは麦茶の香ばしい香りの成分であるピラジン類で、血流を良くして疲労回復にも良いため、スポーツ時の水分補給にもおすすめ。そして何と言ってもカフェインやタンニンが含まれていないので、赤ちゃんの熱中症対策にも向いています。カフェインが含まれている緑茶等を摂取すると利尿作用が働き、水分を余計に体外に排出しまう恐れがあります。

また「ルイボスティー」もオススメで、これはマメ科の針葉樹である「ルイボス」の葉を発酵、乾燥させた茶葉で淹れるお茶です。抗酸化作用なども認められているルイボスティーには、ナトリウムやミネラルが豊富に含まれているため熱中症対策には打ってつけのお茶というわけです。またノンカロリーでノンカフェインであるため、子供の熱中症対策にも利用できます。

運動や入浴で発汗した時は「スポーツ飲料」!

汗をかくと塩分も失われるので、運動や入浴など発汗した後におすすめなのは、ナトリウムを含む「スポーツ飲料」です。ただしカロリーが高く、糖分や塩分も多いので、特に制限のある方は飲み過ぎには注意です。またスポーツ飲料を2、3倍に薄めたものや、ハイポトニック飲料の方が体に浸透しやすいため、こちらのほうが熱中症対策としてはおすすめです。お口をゆすぐお水を用意するのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

体内浄化効果のあるクレンズジュース!

クレンズジュースをキミは知っているか。

そろそろ新入社員・新入生が陥る「五月病」の季節がやってきた。

ゴールデンウィークが終わり、そろそろこの話題が囁かれますね。 五月病を知り、対策をとってみましょう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。