白湯とは

「白湯(さゆ・しらゆ)」とは、何も入れていない水を沸騰させたものを言います。
白湯を冷ましたものは「湯冷まし」と言います。
白湯を湯冷ましさせて飲むことで、健康やダイエットサポートなどに良いとされています。

沸騰したお湯を50℃前後まで冷ましたものは「湯冷まし」になりますが、一般的には、「白湯」と総称して呼ばれていることがほとんどです。

インドでは、伝統医学(アーユルヴェーダ)に白湯が用いられています。
健康目的以外にも、薬を飲む時や、新生児や弱った身体の方への水分補給などにも活躍しています。
白湯を正しく摂取することで、簡単に健康な体質を目指すことが出来て、とてもおすすめです。

様々な効果があった

・冷え性対策に
白湯には冷え性を改善する効果があります。
白湯を飲むと、胃腸が温まり全身の血流も促されるため、体温が上がり冷え性を改善する効能が期待できます。
また、夏場のクーラーで冷えた体を温めるのにも効果があるため、クーラー病の対策にも有効です。
できるだけゆっくりと飲むことで、体を芯から温めることができます。
・ダイエット効果
白湯には、胃腸など内臓を温める効果があるため新陳代謝がアップします。
内臓の温度が1℃上がると、基礎代謝が10~12%程も上がると言われ、脂肪燃焼の効果が高まりダイエットに効果があります。
・便秘や浮腫の改善
これも白湯の体を温める効果。利尿作用が高まりデトックス効果があります。
白湯の血液やリンパの流れを良くする働きが、体に溜まった老廃物や余分な水分を尿として排出してするため、デトックスやむくみの解消に効果があります。
また、白湯によって温められた胃腸の活性化や、こまめに水分を摂取して水分補給をしているため、便秘解消にも効果的です。

飲み続けると味の変化があった

白湯によって身体の毒素が排出されると、白湯の味がだんだんと甘く、美味しく感じられるようになると言われています。
飲み始めは味気がなく、まずいと思う方も多くいらっしゃいます。
美味しくないと感じる場合は、身体に毒素が溜まっているためと言われています。
まずは、1ヶ月以上飲み続けてみて、味の変化を感じられるといいですね。

最後に

簡単にできる健康法のひとつである「白湯」には、意外とたくさんの身体にうれしいことがあります。
正しい白湯の作り方や、飲むタイミングに気を付けて、白湯の魅力を実感してみてくださいね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

歯磨きの効果

歯磨きはいいですよ!

ダイエット目的の運動に適した時間帯

せっかくやるなら効果のある時間帯が1番でしょ!!!

寝る前に牛乳を飲め!〜牛乳に隠された効果〜

牛乳に隠された驚きの効果を紹介していきます。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。