昨シーズン3位・日本シリーズ進出

昨シーズンは73勝65敗5分で、3位のベイスターズ。
昨シーズンの思い出といえば、やはり日本シリーズ進出ではないでしょうか。
3位通過し、敵地でのクライマックス。ファーストステージでは大雨の中熱戦を繰り広げ、2勝1敗で得意とする広島カープとのファイナルに進出すると、4連勝し、球団史上初の日本シリーズ進出を決めました。
日本シリーズでは、ソフトバンクホークスに一歩及ばなかったものの2勝4敗でという成績で今シーズンを終えました。昨シーズンは広島カープ、ベイスターズという暗黒時代が長かったチーム同士の年になりましたね。

投手の注目選手は?

投手の注目選手は、綾部翔選手。
2015年のドラフトで、霞ヶ浦高校を経てドラフト5位で入団の20歳と若手の選手です。
霞ヶ浦高校時代は1年生の時からベンチ入りし、3年の夏には甲子園を経験。189センチという高身長から投げ下ろされる速球を武器に打者を翻弄するスタイルで、
昨シーズン、10月3日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板初先発初勝利をマークし、ラミレス監督の誕生日に花を添えました。
左腕王国のベイスターズですが、綾部選手は右腕。貴重な右腕投手として今シーズン飛躍できるか楽しみです。

野手の注目選手は?

野手の注目選手は乙坂智選手。
2011年のドラフトで横浜高校を経てドラフト5位で入団した外野手。
アイスホッケー選手だったアメリカ人の父を持つハーフでフルネームは「乙坂・ルーセロ・智・ニコラス」。
横浜高校時代は1年生の時からレギュラーとして活躍し、甲子園も経験。
昨シーズンは自身初の開幕1軍を果たし、代打の切り札として89試合に出場。クライマックスでの活躍も著しく、ファーストステージの阪神タイガース戦では3ランホームランを放ち、ファーストステージ出場に貢献すると、ファイナルステージの広島カープ戦では、2点タイムリーヒットを放ち、クライマックスの代打最多打点記録(5打点)を樹立しました。
昨シーズンオフにはメキシコのウィンターリーグも経験。
徐々に実力を発揮して来ている乙坂選手。筒香選手、桑原選手、梶谷選手という外野手のレギュラー争いに食い込むことができるか。
今シーズンの活躍に期待したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ヤクルトスワローズの出世背番号「23」

ヤクルトスワローズの出世背番号「23」を付けていた選手を紹介していきます。

併殺崩し撲滅へ!危険な滑り込みが禁止に!

これまで危険だとして議論されていた“併殺阻止のための危険なスライディング”が来年から禁止されるようです。

甲子園準決勝カード決まる

明日は選抜の準決勝だぞぉ~

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。