甘酒には2種類あった

酒粕甘酒と米麹甘酒の主な違いは、材料の違いとアルコール成分の有無です。
わかりやすく2つにまとめてみると

酒粕で作る甘酒
酒粕とは日本酒のもろみを圧搾した後でできる、ろ過残存物です。
・アルコール成分がある
・砂糖で甘みをつける
・カロリーが高くなりやすい
・安く作れる

米麹で作る甘酒
潰したお米に麹菌を加えて発酵させて作ります。
・アルコール成分がない
・米と米麹の自然の甘さがある
・カロリーが低い
・割高

になります。

値段は高いけど自然な甘さの米麹甘酒を選ぶか、アルコールがある酒粕甘酒を選ぶか。個人の味の好みもあるかと思いますが、飲みやすさでいえば米麹の甘酒ですね。
小さな子供が飲む場合でも、アルコールが入ってない米麹のほうが安心かと思います。

米麹で作る甘酒は美容に良かった

麹にはコウジ酸が豊富に含まれています。このコウジ酸が、メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかす予防に効果的です。なので、日焼けしてしまった時の対策としても、甘酒はとても効果的です。
また、甘酒にはビタミンB群も含まれており、顔パックで潤いたっぷりもちもちのお肌になります。くすみ・しわは乾燥からくるものなので、甘酒でぷるぷるの肌になるだけじゃなく、くすみ解消にもなり、しわも出来にくい肌にしてくれます。
しわは、一度出来てしまうと、薄くは出来てもなくなす事はできないんです。なので、しわの出来にくい土台肌を作っておく事が大事です。
甘酒は飲んでも美肌効果は絶大ですが、顔パックにすると、美肌になるにはより効果的です。

甘酒で脂肪燃焼

甘酒には酵素がたっぷり。
酵素には脂肪燃焼作用があります。
また甘酒を摂ると血行がよくなって代謝がアップし、脂肪燃焼効果も期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

実は捨てたら勿体ない!お茶より栄養のある「茶殻」

普段は捨ててしまう「茶殻」に、実は栄養がいっぱい!

お粥でダイエットしよう

お粥ダイエットがおすすめです。

骨盤が歪むと体に悪い事ばかり!

腰痛いだけで済む問題じゃないです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。