・脂肪燃焼は有酸素運動が効果的

有酸素運動で上位を占めるのが水泳です。
例えば、1時間クロールや平泳ぎで泳いだとしましょう。

驚くべきその消費カロリーは、男性で約1300kcal、女性では約1000kcalです!
これは凄いですよね。また、平泳ぎでの水泳で男性は約700kcal、女性は約550kcalです。

ちなみに、ジョギングの消費カロリーは、1時間走って男性が約600kcal、女性は500kcal です。

単純に消費カロリーだけで言えば、ランニングより水泳が有利と言うことが分かりましたね。

・結果的に水泳とランニング、どちらが効果的なの!?

上記の数字を見ただけで水泳が、ダイエットに効果的ですね。
そこで、水泳とランニングのメリットとデメリットをご紹介します。

・水泳のメリット
消費カロリーも大きく、浮力や水の抵抗もあり体への負担が少ない事です。
膝が悪い方は水中ウォーキングでも十分ダイエットに繋がります。

・水泳のデメリット
毎回通うのにお金がかかります。自宅にプールがあれば別の話ですが。
そして、いきなり素人が1時間も泳ぎ続けるのは困難な科目になりますよね。
ある程度の泳ぎ方をマスターしていないといけません。


・ランニングのメリット
いつでもどこでも、走る場所があればランニングする事ができます。
水泳に比べるとお金がかかりません。

・ランニングのデメリット
水泳と比べ、地上には重力がありますので、足腰に負担をかけてしまう事です。

・最後に

いかがでしたでしょうか。
ダイエットで消費カロリーを最大限に得たいならやっぱり水泳です。お近くにプール施設があるなら是非チャンレジしてみてください。
また、これから涼しい時期ですので、運動を思いついたら自宅を飛び出して近所をランニングしてみても良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏はむくみやすい?!夏むくみの原因とは?

一見夏は汗もたくさんでるので、むくみとは無縁なんて思われている方も多いはず。 実は夏の暑い時期はとってもむく…

驚くべき生姜のパワー

生姜の持つパワーは古くから健康に特化した威力を発揮する成分が知られ重宝されてきました。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。