この3連戦を1勝1敗として

昨夜はバンデンハーク投手の粘り強い投球で、強力オリックス打線を見事に抑える事ができました。そして3連戦を1勝1敗と迎えたこの日は両チーム勝ち越しを狙い負けられない1戦となりました。
ホークス先発は既に二桁10勝をあげている東浜巨投手。バファローズ先発はサウスポーの山崎福也投手ですね。ホークスはサウスポーという事でスターティングラインナップを大きく変えてきましたね。セカンドには川島慶三選手、ファーストに塚田選手、ライトに真砂選手と右バッターを並べてきました。この采配が試合でどうなるのか楽しみです。バファローズも3番に小谷野選手、6番中島選手とこちらも打順を変えてきましたね。試合は1発が飛び交う試合となりました。

6本のホームランが飛び交う

前夜に続きゲームは初回から動きました。先頭今宮選手がヒットで出ると、送りバントとフライでツーアウト2塁で4番柳田選手が山崎投手のカットボールを捉えて2試合連続となる26号ツーランホームランで先制2-0。続く5番デスパイネ選手も高めの球を強引に運び23号ソロホームランで3-0。ホークスは初回に3点を先制し、ホークス先発東浜巨投手に大きな援護点となりました。しかしそのウラ、バファローズ1番吉田選手が東浜投手の2球目を捉えて、ライトスタンドに4号ソロホームランを浴びました3-1。。しかしその後は7回途中までバファローズ打線を抑える事ができました。一方ホークスは2回表には先発起用の7番塚田選手が1号ソロホームランで4-1。5回表にはこちらも起用された8番真砂選手がプロ初ヒットがホームランで5-1。ホークスリードで終盤へ。しかし簡単に終わらないのがバファローズ打線。8回ウラ3番手森投手を攻め、ランナー1人を置いて、6番中島選手が6号ツーランホームランを放ち5-3。リードは2点差に。しかし最後はホークス守護神サファテ投手が3人で締めて5-3で勝利。

勝ち 東浜巨投手(11勝3敗)
セーブ サファテ投手(1勝2敗34セーブ)
負け 山崎福也投手(2勝3敗)

明日からは絶好調埼玉西武ライオンズとの3連戦

8/4からは埼玉西武ライオンズとメットライフドームでの3連戦。なんと言っても、ライオンズは12連勝中。そんな波に乗っているライオンズ戦に先発するのは寺原選手をぶつける予定になっています。一方ライオンズ先発は野上投手ですね。両ピッチャー負けが先行しているだけに、この試合でのアピールとなるので力が入るはずですね。投手戦になるのか、それとも打ち合いになるのか、楽しみな試合となりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

侍ジャパン準決勝はアメリカに決定

侍ジャパンの準決勝の相手はアメリカです。

【後編】祝!!広島カープ優勝!優勝の勝因は?

広島カープ優勝の勝因の後編です。記憶に残る試合、成績をまとめました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。