今年のクラシックレースも桜花賞、皐月賞、オークス、日本ダービーと早くも四つのレースを消化してきました。桜花賞はレーヌミノル、皐月賞はアルアイン、オークスはソウルスターリング、日本ダービーはレイデオロと、ここまで牡馬・牝馬の2座席を勝獲った馬になります。残りは牡馬・牝馬共に1座席のみ。秋華賞と菊花賞になりますね。ちなみに過去6年を遡って見てみても、菊花賞を獲った馬がJRAの名馬となっています。例えばオルフェーブル、ゴールドシップ、トーホウジャッカル、エピファネイア、キタサンブラック、そしてサトノダイヤモンドです。菊花賞を制するのは、本当に強い馬だということが証明される瞬間んなのかもしれませんね。さて、その3歳クラシックレースに向けて早くも2歳馬が始動。やはり来年のクラシックレースを予想する上で、この時期から注目しなくてならない馬も何頭も出てきます。来年のクラシックレースを盛り上げてくれそうな馬に注目です。

怪物フランケル×ダービー馬・ウォッカ

2歳新馬戦は特血統に注目せざる得ない部分が8割以上思っています。
その血統で恐ろしいなと思ったのが、負け知らずのフランケルと、牝馬にもかかわらず日本ダービーを制したウォッカの仔、その名も「タニノフランケル」牡馬です。
日本が誇る名牝馬に加え、怪物フランケルを掛け合わせて、スピードの絶対値を極限まで底上げした夢の様な血統と言える、まさにゲーム世界の出来事のような馬ですね。。厩舎も栗東の名門・角居厩舎とくれば期待せずにいられません。
先日、ゲート試験も難なく合格したようで、いよいよ本馬場登場も間近といったところです。この二頭の配合となれば、恐らく差し馬になる可能性は大と予想しています。
気になるのはジョッキー。ウォッカを日本ダービー制覇に導いた四位騎手か、それともヴィクトリアマイル制覇に導いた武豊騎手か、それともウォッカ最後の勝ち鞍ルメール騎手か、いずれにせよ誰を背にしても圧倒的人気と強さを誇って欲しい一頭ですね。
思いっきり期待しています。

やはり注目はディープインパクト産駒!サトノオンリーワン

飛ぶ馬・ディープインパクトとクリームオンリーの仔。
昨年のセレクトセール1歳セリで1億2500万円(税抜き)の高値で落札。全兄ソールインパクトを持つ馬で、2歳重賞レースでも名を出してきていることから、早い段階から活躍が期待できる馬と思えます。先日の2歳新馬戦では、ロードカナロア産駒のステルヴィオに敗れはしたものの、強さを感じたレースだったかなと感じました。
この一戦に関して言えば、距離が1600mで1着となったステルヴィオがラスト400mで一気に突き抜けて勝利と、いかにもロードカナロア産駒だなと思わせる走りと距離適性。来年の皐月賞馬候補に名乗りを上げたといっても良い強さでした。かたやサトノオンリーワンは、一時はハナを取る形になったもののトップスピード対決でステルヴィオに惨敗。ただ期待したいのは2000m超えの距離を伸ばしたレース。直線を向いた時に、若干前塞がりであったようにも見え手が動いても行けなかった様子。ただ道中はムラなく内を走行出来ていたし、そこら辺の旨さはDNAなのかな?とも思った点です。
日本ダービーを占う上で注目したい馬です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

サマー2000シリーズ最終戦!新潟記念

夏競馬も終盤戦!サマー2000シリーズ最終戦です。

2017年 フェブラリーステークス

JRA重賞レースG1初戦のフェブラリーステークス。昨年はレコードタイムを叩き出したモーニン。今年はどんなド…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。