6/15 ソフトバンク 8-0 広島カープ

ソフトバンク 8-0 広島カープ
勝・千賀滉大 (5勝2敗)
負・大瀬良大地 (9勝3敗)

広島カープ4連敗。。。。ソフトバンク打線の一発攻勢の前に撃沈。連勝していた大瀬良大地選手も3本のホームランを打たれ7失点。ソフトバンク打線恐るべしですね。

広島カープ先発は大瀬良選手。
初回、2アウト後、フォアボールとヒットで2アウト1、3塁のピンチを作ると、デスパイネ選手に3ランホームランを打たれ3点を先制されてしまいました。
続く2回には高田選手に2ランホームラン、4回には上林選手に2ランホームランを打たれ0-7。打線は千賀選手の前に3安打に押さえ込まれて無得点。
0-8で昨シーズンリーグ優勝チーム同士の戦いの初戦はソフトバンクに軍配。広島カープは4連敗となってしまいました。

大敗も大きな期待の選手現れる!

今シーズン絶好調の大瀬良大地選手がソフトバンク打線の一発攻勢の前に敗戦。いつぶりの敗戦なのかと思うくらいの敗戦でしたね。全ての失点がホームランの失点で、打ち込まれたわけではないので、しっかり次回の登板では再度活躍してくれるかと思います。そこまで心配いらなそうですね。
この敗戦の中で、期待の選手が躍動してくれました。
その名は飯田哲矢選手。
2014年のドラフトで6位入団した27歳の左腕選手で、今シーズン入る前までは3年間で通算26試合のみの登板とチャンスが少なかったものの、今シーズン、中継ぎ陣の不調により1軍登録。この試合が今シーズン初マウンドとなりましたが、2回を投げて無安打5奪三振という素晴らしい投球でソフトバンク打線を封印。倒壊している中継ぎ陣の救世主になってくれるかもしれませんね。是非ともこの悪い状況の投手陣を支えて欲しいところです。期待しています。

6/16の試合

ソフトバンクホークス 対 広島カープ
予告先発
ソフトバンク・バンデンハーク (4勝5敗)
広島カープ・ジョンソン (4勝2敗)
ヤフオクドーム 18時プレイボール

広島カープ先発はジョンソン選手。
前回登板の楽天ゴールデンイーグルス戦では7回を投げ1失点で勝利投手となりました。大瀬良選手とともに投手陣を牽引してくれている左腕のエースに連敗ストップを託しました!!ソフトバンク打線を持ち前の打たせてとるピッチングで勝利に導いて欲しいですね。
打線は2試合連続で機能していないので、バンデンハーク選手を攻略し、ジョンソン選手をしっかり援護出来るよう対策を練って欲しいですね。連敗中のチーム状況で少し暗くなってしまっているかもしれませんが、しっかり戦っていけば勝てる実力は十分あるチームです。自信を持って戦い抜いてくださいね!頑張れ広島カープ!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プロ野球に見る○○世代、あなたは何世代?

同じ年の世代に多くのスター選手がいると一括りにして、○○世代という言い方をしますね。私は谷間の世代です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。