納豆とは

大豆を納豆菌で細菌発酵させた発酵食品です。日本全国の食品売り場で簡単にに手に入れることができます。
納豆」「納豆汁」などが冬の季語であることや、「納豆時に医者要らず」という諺があったように、納豆の時期は冬です。
一方、7月10日が「納豆の日」とされている。これは1981年、関西での納豆消費拡大のため、関西納豆工業協同組合がなっ (7) とう (10) の語呂合わせで制定したものであり、1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」として制定した。 近年では健康食品としても注目を集めています。

栄養や効果とは

納豆の原料である大豆には植物性のタンパク質が非常に多く含まれています。
通常、タンパク質は肉や魚、乳製品など動物性の食品に多く含まれている栄養素なのですが、大豆は植物性食品の中で例外的にタンパク質を多く含みます。
植物性のタンパク質は資質をほとんど含まずに摂取できるため、貴重な栄養源と言えます。筋トレダイエット中の方、アスリートの方なんかにおすすめの栄養素ですね。
納豆に含まれているタンパク質は主にカラダの主成分となる栄養素です。筋肉や髪、皮膚、爪を健康に保つ効果があります。

ナットウキナーゼの効果的なとりかた
ナットウキナーゼの血栓融解効果などを期待する場合の摂取量の目安は、納豆を1日50g程度です。納豆1パック程度で効果が発揮されます。ナットウキナーゼの血栓融解効果は持続性があり、食べてから数時間~12時間程度継続します。納豆を毎日食べた方が効果的です。
ナットウキナーゼの発見者は、夜は血液の流動性が低下するため、納豆は夜に溜めるほうが効果的であると述べています。またナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱調理するとナットウキナーゼが破壊されてしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「和食」と健康の繋がり

無形文化遺産に登録されている和食は、健康面でも素晴らしい料理です。

疲労回復やダイエットに!気軽に使える「炭酸水」

いまや無糖の「炭酸水」は世界では普通に常飲されている国が増えているようです。その「炭酸水」の効果とは、、、

汗には種類が!

汗にも色々あるみたいです

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。