今週日曜日は京都競馬場にて春の王者決定戦の天皇賞・春が開催されます。今年は近年稀にみる今日ば不揃いといったところです。例えば昨年を見てみると、キタサンブラックやサトノダイヤモンド、ゴールドアクターやディーマジェスティといった G1馬が揃っていたところが、今回に関していえばシュヴァルグランただ一頭が G1馬といった感じです。要は混戦模様を呈するカタチとなる感じで、オッズもある程度はバラけた配当になるんじゃないのかなと個人的には予想しています。また天皇賞・春と言ったら武豊騎手ですが、先日の8レースで妨害してしまったと言うことで騎乗停止。本命騎手もいない感じでやはり寂しいレースになりそうな感じです。さて今回は、長距離と言ったらアルバートと、4歳になって頭角表し始めたチェスナットコートについて書いてみようと思います。

長距離会の王者!アルバート

今の競馬界のステイヤーを引っ張る存在のアルバートも天皇賞に出走予定です。この距離と言ったらこの馬という感じですが、個人的には3200mでもアルバートにとっては中距離くらいとして捉えているんんじゃないのか?と思える感じで、短い印象を持っています。というのは、その年のステイヤー王決定戦のステイヤーズステークスの3600m見ればわかるように、必ずと言って良いほどラストは突き抜けて余裕の着差で優勝を決めており、実に3連覇中。しかし天皇賞・春となるとそい行かない感じですね。まあ、単純にG2とG1という格差があるので相手関係も違っているのもありますが、結局上がり3ハロンというのがキーワードになりがちな天皇賞・春ですので、ポジショニングが最も重要になってくる要素かなと。特にトップスピードに乗るまでのキレという部分に関しては非凡な訳ですから、これまで通りに後方からとなると結局仕掛けてきたときに置いて行かれてしまっているのが常かなと。この辺を二度目の天皇賞でアルバートに騎乗するルメール騎手が修正してくるとなると侮れないのもありますね思い切った先行策に持っていくなどの神騎乗に期待して、馬券圏内予想をしています。

成り上がれるか!?チェスナットコート

昨年のクラシック戦線には全くの圏外で、何ならこの時期は3歳未勝利で足掻いていたほど。皐月賞だの日本ダービーだの菊花賞だのそんなことよりも、それ以前に勝利すらしていないといった状況だったチェスナットコート。そんなチェスナットコートが古馬になって頭角表し始め、準オープン2連勝して挑んだ初の重賞レースが前走の日経賞。その日経賞では菊花賞馬のキセキ先着するだけではなく、ゼーヴィントやサクラアンプルールにも先着。そして前を行くガンコをあと少しというところまで強襲したものの届かず。それでも初の重賞レースが古馬を相手に2着は褒めて良い内容でした。そのチェスナットコートも蛯名正義騎手を背に出走予定です。馬個体の能力的には長距離は適正だというのは日経賞でしっかりと詰めてきているところを見ればわかるのですが、何より長距離の蛯名正義騎手というのが何とも匂うところですね。あくまで個人的見解によるものなので気にしないでください。あとは、やはり前目で先行策くらいの位置どりにして欲しいかなというの個人的な意見で、同じ世代でいうとガンコよりも軽い馬場は得意のような気もしています。準オープン→G2→そしてG1あっさりタイトルを取り成り上がれるか楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

宝塚記念のファン投票始まる!人気馬回避でキタサンブラック1強ムード!

6月25日に開催される宝塚記念。その出走馬を決めるファン投票が今週末からスタートです。

豪華メンバーの京都記念!クリンチャー・ケントオー

穴馬と見ている二頭について書いて見ました。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。