今週日曜日には東京競馬場にて東京競馬場5週連続G1のフィナーレを飾る春の最強マイラー決定戦の安田記念が開催されます。昨年はサトノアラジンがロゴタイプ、レッドファルクス、エアスピネル等を一気にまくっての大勝利で幕を閉じた一戦でした。今年は昨年以上に好メンバーが出揃っており、今年はマイル界がまるで戦国時代に突入したかのような様相を呈しています。昨年の1着馬サトノアラジンは香港マイルを最後に引退、2着馬のロゴタイプもこの安田記念をラストランにしての引退ということで、昨年のワンツーが不在。ここ3年は前年に優勝した馬が必ず連対するというジンクスがあったものの、今年はそのジンクスはなし。いったいどの馬が飛び込んでくるのでしょうか。その中でも注目したいのは、牝馬二頭にも注目です。昨年のNHKマイルの覇者アエロリットと、東京競馬場では複勝率高いのリスグラシューです。

類い稀な先行力でVなるか!?アエロリット

昨年のNHKマイルでG1馬となり、続くクイーンステークスでも圧勝劇を見せているアエロリットも出走予定です。今回の騎手も前走のヴィクトリアマイル同様に戸崎圭太騎手といった感じですが、個人的には横山典弘騎手に乗ってもらいたい一頭なんですよね。とは言っても、こればっかりは陣営側の意向によるものなので致し方無いところではありますが。というのは、やはり前走のヴィクトリアマイルが物足りない騎乗だったのが原因で、ハナをとってある程度はハイに持ち込んでからの再加速というのがアエロリット本来の勝ちパターンでもあるのですが、この日は何故かハナをカワキタエンカに譲ってしまったかんじ。となれば当然ペース自体はスローになるので、リスグラシューやジュールポレールの思う壺となってしまいますよね。この辺、アエロリットのファンとしては憤りを感じてしまう観点なんです。まあ、皐月賞ではエポカドーロをG1馬に押し上げ、日本ダービーでも積極的にハナを取りに行った辺りを見ると、今回のアエロリットにも少しは期待できるのかなと。馬自体の実力は申し分なし。あとは内枠と戸崎騎手の心理だけの問題で、ある程度は本命視している一頭です。

得意の府中でG1制覇なるか!?リスグラシュー

G1はかれこれ7度目の挑戦となるものの、阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、秋華賞、ヴィクトリアマイルと共に2着と、完全にシルバーコレクター的存在となっているリスグラシューも出走予定です。しかし東京競馬場との相性は非常に良い感じでアルテミスステークス、東京新聞杯、そして前走のヴィクトリアマイルとオークス以外は全て連対で掲示板となれば100%に確立と非常にコース適性が良いと言ったところでしょうか。東京新聞杯のようにスローで入って中緩みで再加速といった流れがリスグラシューの最高の勝ちパターンで、前走のヴィクトリアマイルでもカワキタエンカが作るスロー、そして直線で勝負型となっている感じです。また左回りにも適正がある印象で、加速地点で置いていかれずにスムーズにトップスピードに乗ってくれる感じで、それが京都や阪神になると若干置いていかれてしまっているところも。今回、おそらくではありますが、ヴィクトリアマイルで反省した戸崎騎手がアエロリットを信用してハナを取りに来ると思っていますので、ある程度はペースが流れて来るのかなと。それでも桜花賞でやれているように、大崩れはし難いし、左回りという適性面を思う存分に出せて来るのであれば、可能性的には本命視したいところではあります。そろそろG1馬になっても良い頃かなとおmきますが、トップスピードで考えるとレッドファルクス、モズアスコット、ペルシアンナイト、サングレーザーと強力牡馬も健在なので、当日までじっくりと考えようと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

無傷の女王が桜花賞へ!今年のチューリップ賞

無傷の女王ラッキーライラックが桜花賞出走を決めました。

雨模様の中京競馬場!今年は荒れるかプロキオンステークス!?

今週末の中京競馬場は雨模様のようです。プロキオンステークスは荒れるかもですね。

再起をかけるレースとなるブレスジャーニー!今週末はチャレンジカップ

骨折から復帰した世代屈指の馬・ブレスジャーニーの復帰第2戦です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。