はじめに

口内炎というと、口の中で腫れたり切れたりしてできますね。
食べ物食べたり、飲み物飲んだりするとしみたり気になりますね。
大半の人たちは、ほっておいて自然に回復させるやり方ではないのでしょうか?
今回は口内炎の原因と治し方について少し紹介したいと思います。

原因

一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。
アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生します。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。若い人に多くできる傾向があります。

治し方

代謝に関わるビタミンB2が不足すると、口内の炎症、唇のひび割れなどの原因に。さらに免疫のビタミンといわれるビタミンB6が足りない状態では、細菌の影響を受けやすくなり、口内炎を招きやすい状態になってしまいます。

ビタミンB群には相互作用があるのでまとめてとった方がより効果的です。食事で摂りにくい場合などは、医薬品で一緒に補う方法が効率もよく、おすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

世界のお酒〜韓国編〜

お隣韓国のお酒を知ろう

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。