4/13 vs 中日 1回戦(横浜スタジアム)

連勝は横浜でも続きます!!6連勝で単独首位浮上!!

連勝は横浜でも続きます!!6連勝で単独首位浮上!!

ベイスターズ 6-5 ドラゴンズ

勝:石田健大(1勝2敗0S)
S:井納翔一(1勝0敗1S)
敗:又吉克樹(1勝1敗0S)

バッテリー
横浜:石田健大、パットン、井納翔一 - 嶺井博希
中日:小笠原慎之介、又吉克樹、祖父江大輔 - 松井雅人

本塁打
横浜:宮﨑敏郎 2号
中日:ビシエド 3号

ビジター6連戦を5勝1敗、5連勝で戻ってきたベイスターズは本拠地に中日ドラゴンズを迎えての3連戦。連勝はすべて先制点をあがていますが、この日も2回裏に宮崎敏郎のソロホームランで先制に成功しました!横浜先発はここまで2敗で勝ち星なしの石田健大。立ち上がりこそ悪くなかったものの、3回裏に2失点を喫して逆転を許してしまいます。

それでも3回裏、先頭の倉本寿彦が、ヒットで出塁すると、続く1番・神里和毅のレフトフライの間にセカンドを陥れる好走塁を見せました。今年のベイスターズは機動力が違いますね。そしてこの倉本の好走塁のあと、大和が移籍後初打点となるタイムリーを放ち、すぐさま同点に追いつきます!!

しかし同点で迎えた5回表、石田がビシエドにスリーランを浴び、2-5と引き離されます。石田、ピリッとしませんね。ここまで先発投手陣全員が素晴らしいピッチングをみせているだけに余計に気になってしまいますね。この日も7回5失点、、、早く石田らしい投球を見せてもらいたいです。

ただ、これまでと違うのは5連勝中の打線の勢い!6回裏に嶺井博希の犠牲フライで1点を返すと、7回には倉本と大和がタイムリーを放ち、同点に追いつくと、さらにロペスの内野ゴロの間に神里がホームに帰ってきて、6-5と逆転に成功!!

そして最終回、ここまで連騰している山崎康晃に代わり、この日は井納翔一が締め、横浜が勝利!勝ち投手は5失点ながらも打線の援護に助けられた石田。井納はプロ初のセーブをあげることになりました。これで6連勝!!そしてベイスターズ、単独首位浮上です!!

4/14 vs 中日 2回戦(横浜スタジアム)

助っ人+守護神の完封リレー!横浜DeNA史上初の7連勝!!

助っ人+守護神の完封リレー!横浜DeNA史上初の7連勝!!

ベイスターズ 2-0 ドラゴンズ

勝:バリオス(2勝1敗0S)
S:山﨑康晃(0勝0敗7S)
敗:ジー(0勝3敗0S)

バッテリー
横浜:バリオス、エスコバー、パットン、山﨑康晃 - 嶺井博希
中日:ジー - 松井雅人、木下拓哉

本塁打
横浜:筒香嘉智 4号、ロペス 3号

この日も連勝中の勢いが止まりませんね。初回に筒香嘉智のソロホームランで先制!これでもう負ける気しなかったですね(笑)4回にはロペスのソロも飛び出し、今季初のアベック弾となりました!!

横浜先発は前回、移籍後初勝利をあげたバリオス。この日も低めを打たせる安定した投球を見せ、ヒットは打たれても要所を締め、7回途中を無失点に抑えました。しかし、中日先発のジーも良かったですね。2本の本塁打を許したものの、ジーの8回2失点も好投と言えます。

しかし、横浜の投手陣がそれを上回りました!!バリオス、エスコバー、パットンの助っ人投手陣がきっちり仕事をし、最終回は山崎康晃が完璧なリリーフを見せ、完封リレー完成です!チームはこれで7連勝!!チームとしては13年ぶり!!横浜DeNAとしては史上初の快挙です!!

4/15 vs 中日 3回戦(横浜スタジアム)

エース級の働き!京山がハーラー単独トップの3勝目!チームは8連勝!!

エース級の働き!京山がハーラー単独トップの3勝目!チームは8連勝!!

ベイスターズ 6-1 ドラゴンズ

勝:京山将弥(3勝0敗0S)
S:
敗:笠原祥太郎(0勝2敗0S)

バッテリー
横浜:京山将弥、三上朋也、井納翔一、砂田毅樹、須田幸太 - 嶺井博希
中日:笠原祥太郎、伊藤準規、木下雄介 - 松井雅人、木下拓哉

本塁打
中日:アルモンテ 4号

19歳の京山将弥がまたやってくれました!エース級の働きです!いま、横浜で一番安心してみていられるピッチャーかもしれませんね。この日も6回途中を投げ3安打1失点の好投。しかしその3安打はすべて中日の新外国人アルモンテ。これから脅威になりそうですね。それでも失点はアルモンテの本塁打によるもので、それ以外は完璧に近かったんじゃないでしょうか。

そして、そんな19歳の若手を打線が援護するという理想的な展開でしたね。初回に2死1・3塁のチャンスを迎えると、5番・宮崎敏郎がタイムリーツーベースを放ち、2点を先制!!この早い回での先制点はピッチャーにとって嬉しい援護ですよね。5回には大和の犠牲フライで1点を追加すると、3-1で迎えた7回裏には筒香の2点タイムリーとロペスのタイムリーで3点を奪い、大きく差を拡げました。

投げては、京山の後を、三上朋也、井納、砂田毅樹、最後は須田幸太が素晴らしい継投を見せ、巨人との3連戦につづき、この中日3連戦も3タテとなる快勝です!勝利投手の京山は無傷の3勝目でハーラー単独トップに立ちました!恐るべき19歳です!!そしてチームは破竹の8連勝!!17年ぶりの快挙です!!

そして、すべてのチームとの対戦が一巡し、次は再び巨人との戦いとなります。前回は3タテしたものの、またそうは簡単に勝たせてはくれないでしょう!しかし今の勢いは止めたくないですね。まずは初戦しっかり取りましょう!絶対勝つぞ、ベイスターズ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

キューバ野球が強い理由

キューバでは野球は国民的なスポーツとして定められています。それはキューバ革命の父であるカストロが、若いころ野…

ワールドベースボールクラシック日本代表選手発表

今年3月に行われるワールドベースボールクラシック(WBC)の日本代表選手が選出されました。

広島カープ3連覇への道 Vol.25 〜4/28 阪神タイガース戦〜

広島カープ4連勝!!中盤追いつかれるもののやはり広島カープ攻撃陣、しっかり期待に応えてくれました。このまま勝…

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。