今週日曜日には中京競馬場にて第54回金鯱賞が開催されます。ここまでヤマカツエースが2連覇を成し遂げているので、普通に考えれば考えるほどヤマカツエースえお軸に思いたくなるところにサトノダイヤモンの復帰戦。ここに勢いあるスワーヴリチャードとブレスジャーニーといった4歳馬勢も参戦。どうしたら良いものか?というのが今回の感想です。
前回は3連覇を狙うヤマカツエースと、まだまだ未知の能力を秘めているブレスジャーニーについて書いてみました。今回はスワーヴリチャードとブレスジャーニー同様に勢いある4歳馬世代のメートルダールと、マイル界から距離延長を挑戦中のダッシングブレイズについて書いてみたいと思います。

切れ味勝負ならこの馬も!?メートルダール

前走の中日新聞杯では同コースの中京競馬場2000mの舞台で鋭く差し切り、ミッキーロケット、ロードヴァンドールを抑えて重賞初制覇を成し遂げたメートルダールも金鯱賞に出走予定となっています。前走の中日新聞杯に関していえば、完全に後半特化型のレース展開ということでしたので、当然トップスピードの質を問われるところ。こうなると元々出し切ってなんぼのミッキーロケットや総合的に勝つロードヴァンドールに比べれば先着して当然という事ですが、今回はサトノダイヤモンドやスワーヴリチャードなどのポテンシャル戦となるであろうから、さすがに後半特化型とまでは行かずに基礎スピードを問われてくる可能性が大かなと思っています。仮にトップスピード勝負となるのであればスワーヴリチャードも黙っていないだろうし、本調子のサトノダイヤモンドも厄介。更にブレスジャーニーがこのメンツで考えるとその面に関しては特化しているのかなと。展開的には下がりすぎずにヤマカツエースの後ろ、もしくはサトノダイヤモンドの後ろをターゲットにし、決してブレスジャーニーの後ろにならぬよう展開したいところ。前ふさがりならないブレスジャーニーの末脚は相当脅威となるかなと。

距離延長も!?ダッシングブレイズ

ここまでマイルの世界で生きてきたダッシングブレイズも今回の金鯱賞に出走予定です。2走前のエプソムカップで1800mに距離を延長した結果、見事に初重賞制覇を達成したかたちでした。この時は超高速馬場でありながらかなりのスローということで、道中ゆったりと入れたにが大きな勝因だったかなといったところでしょう。徐々にギアを入れ替えてトップにしていくのが1番あっている気がするタイプ。今回は流石にスローとまではいかないものの。道中で一旦息が入る展開であればあながち可能性はゼロでないのかな?という感じで、穴を開けてくれる可能性がある一頭かなと。ロングスパートとなった場合もなかなかものを持っているものの、マイルから2Fも延長でプラスとなるかマイナスになるのかは一種の賭けかなといった感じです。メートルダール同様に下げすぎず、先行できて息が入れば、案外前残りになってくれるかも?と若干思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ファインニードルがG1初制覇!今年の高松宮記念

ファインニードルが見事にG1制覇を成し遂げました。

最強の刺客!?今年の京都記念 2017

いよいよ今週末となった京都記念。昨年の凱旋門賞では苦い思いをしたマカヒキも、このレースから始動。 昨年の覇者…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。