今週日曜日は中山競馬場にて、3歳クラシック初戦・皐月賞の前哨戦でもある第55回報知杯弥生賞が開催されます。皐月賞と同じ舞台で行われる競争で、本番へ向けての重要なトライアルレースとして位置づけられているため、各陣営は今まで以上に力を入れて代表馬を送り込んでいる感じです。前回は優勝候補と挙げられているダノンプレミアムと、素質馬と騒がれしっかりと結果を出しているワグネリアンの二頭について書きました。今回はホープフルステークス 2着のジャンダルムと、前走がレコードでぶっちぎったオブセッションについて書きたいと思います。

世代屈指!ジャンダルム

新馬戦、デイリー杯2歳ステークスを強い競馬で連勝し挑んだホープフルステークスでもタイムフライヤーには負けたものの2着と結果を残したジャンダルムが武豊とのコンビで報知杯弥生賞に出走予定となっています。距離を延長して挑んだホープフルステークスでも強豪相手にしっかりとした競馬ができていたものの、今回はホープフルステークス 以上に手強い相手がズラリと並んでいる状況。その辺を武豊騎手とのコンビ続行でどう組み立てて行くのか?というのが非常に実物です。個人的な見解として、ジャンダルムの良いところはペースの上げ下げしっかり反応ができるところで、全体的にペースがハイだったホープフルステークス でもラスト600mから400mの急速にトップギアに入れ替える場面でも問題なく反応できていたと思っています。ただトップスピードの質は?となった場合は今回のメンツで考えた場合とこの先のクラシック戦線においても、そこまでは高くないのかなといったところ。ダノンプレミアムにもタイプ的には似ており、同じペース配分で考えたときに現状のチカラ差は歴然かなと。一瞬の脚をどこまで溜めてられるかは武豊騎手次第といったところでしょうか。

藤沢調教師×ルメールの黄金コンビ!オブセッション

新馬戦では重馬場できっちりと勝ち切り、続くシクラメン賞では超高速馬場で強烈な突き抜けでレコード勝ちと両極端な競馬で結果を残しているオブセッションが報知杯弥生賞に出走予定となっています。そしてなんといっても藤沢和雄調教師×クリフトフ・ルメール騎手の黄金コンビというのが更に人気に拍車をかけそうですね。とは言っても、初の重賞レースということで相手関係が強化され、更にいうのであれば世代屈指の馬がズラリといる中で、このレースが真価を問われる舞台といっても良い感じです。前走のシクラメン賞があまりにも強烈過ぎた勝ち鞍だっただけに、期待せずにはいられないといった心境です。3歳クラシックの前哨戦レベルであれば、馬場、ペース云々関係なしに、ただ純粋に強い馬が勝つと言ったところで、そういった競馬場のコンディション云々は本線になってからで良いのかなといったところで、ダノンプレミアムだワグネリアンだと騒がれている中、ここは純粋な気持ちでオブセッションに穴をこじ開けてもらいたいというのが本音です。3ハロン勝負といっても過言ではない報知杯弥生賞において、トップスピードの質自体は高いレベルにあるし、基礎スピードも問題なし。あとはゲートかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ラジオNIKKEI賞の結果!ディープブリランテ産駒が初の重賞制へ!?

今年も荒れに荒れたラジオNIKKEI賞。制覇したのはディープブリランテ産駒のセダブリランテスでした。

いよいよ春の大一番! 天皇賞・春!パート2

いよいよ春の天皇賞!伏兵にも注目しておきましょう。

良血馬が揃い踏み!今週末は東スポ杯2歳ステークス

今週末は東スポ杯2歳ステークスです。モーリスの弟み出走予定です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。