運動で活性化

最近集中力がなくなった、忘れっぽくなった、なんだか頭がボーッとする、そんな方は脳機能が衰えているのかもしれません。脳は積極的に使っていないとどんどん衰えていってしまうので、常日頃から脳を使って活性化する必要があるのです。

脳の前頭葉は運動や思考にかかわる重要な器官で、
・前頭前野
・運動前野
・運動野

の3つに分けられます。 まずは朝起きてウォーキングやラジオ体操など軽い運動をしましょう。体を動かすと前頭葉の運動野が活性化し、脳の血流がよくなり、脳全体も活性化します。10分程度でも良いので積極的に体を動かすようにしましょう。

コミュニケーションで活性化

家族や周囲の人達と会話をすることも、脳の活性化に効果があります。考えていることを話したり、耳から聞いた話や情報を理解するということで、脳がウォーミングアップされるからです。コミュニケーションを取る相手がいない時には、本を朗読してみましょう。目で字を読むのではなく、声を出して読むことで、脳を活発に働かせることができます。

目標を作って活性化

勉強、仕事、趣味などを行う時には、目標を立てて挑戦するようにしましょう。目的を達成することで、ドーパミンが働いて脳が活性化します。

また、制限時間を決めて作業を行うと、脳のパフォーマンスを上げることができます。時間を追うごとに脳の中には情報が詰め込まれていくので、脳が情報を整理するために1時間くらいで一旦少し休むのがおすすめ。効率よく作業を進めることができるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

風邪と肺炎は何が違う?

風邪だと思っていたら実は肺炎でした。というケースは少なくありません。肺炎の症状は風邪と似ているため、放置して…

今が旬。ウドの効果や栄養とは!?

ウドは私たちにとってはなかなか馴染みの薄い山菜ではありますね。 そんなウドに含まれる栄養とその効能を紹介しま…

うなぎの力

スタミナ食として有名なうなぎ。 うなぎ美味しいですよね。 うなぎの効果、効能は。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。