漢方薬としても使われるほど様々な効果がある「山芋」

「山芋」は中国では「山の薬」、日本では「山のうなぎ」と言われるなど、さまざまな栄養が豊富で、漢方薬としても利用されるほど、さまざまな効果があるそうです。様々な効能を持つ「山芋」は長芋、大和芋、自然薯などをまとめた総称で、味や粘りの違いはありますが、どれも栄養は豊富です。

新陳代謝アップに効果的!

「山芋」には、消化酵素であるアミラーゼが豊富に含まれており、その量は大根の約3倍と言われています。このアミラーゼは、消化を助ける働きをして栄養の吸収率を上げるため、新陳代謝を活発にする効果があります。血行不良や冷え症などの症状にお悩みの方は、アミラーゼを摂って新陳代謝を上げると良いでしょう。

なお、アミラーゼは熱に弱いので、加熱せず生のまま摂取することで高い効果が期待できるそうです。「山芋」はいも類の中でも唯一生で食べられます。アミラーゼの栄養を効率よく摂取するにも、すりおろして「とろろ」として食べるのがオススメのようです。

高血圧やむくみを抑える!

「山芋」には、カリウムの栄養がたっぷり含まれていて、このカリウムは、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を調整する、生きていくうえで欠かせない大切なミネラル成分です。余分なナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える効果があり、高血圧の予防やスムーズな筋肉の収縮を促す働きもあります。カリウムが不足すると、高血圧やむくみの原因になったり筋肉の痙攣を起こしたり、また、倦怠感や食欲の低下を招くこともあるため、積極的に摂取していただきたい栄養素です。

疲労回復効果も!

疲労回復効果のあるアルギニンという栄養も豊富に含まれていて、体内で合成される非必須アミノ酸の一種であるアルギニンは、疲労回復の原因となるアンモニアを解毒し、運動によって引き起こる疲労を回復させる効果があります。

また、アルギニンは、体脂肪の代謝を促進する働きがあるため、ダイエットにもおすすめの栄養です。さらに、アルギニンには血流を促進させる効果、免疫力を高める効能、解毒作用や肌の保湿効果など様々な効能があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

日本各地のご当地ラーメン(福岡編)

日本各地にあるご当地ラーメンご紹介シリーズ第4弾です。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。