アンチエイジング

ブロッコリーの効能は癌予防だけではありません。もちろん、それだけでも凄いんですがアンチエイジング、つまり美肌にも効果があると言われています。
ブロッコリーに多く含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが美肌に。
食物繊維は腸内の働きを活発にさせ、お通じの改善(便秘)にも効果が期待されています。

免疫力アップ

ブロッコリーの栄養で着目すべきはビタミンCです。
野菜平均の33mgに比べてブロッコリーには120mgのビタミンCが含まれており、野菜平均の約3.5倍もの含有量を誇ります。
ビタミンCというと、果物を連想しがちですが、実はブロッコリーなどの野菜にも多く含まれています。ブロッコリーに含まれるビタミンCは、実はレモンよりも多いんです。
ビタミンCにはストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを分泌する効能、肌にハリや潤いを与える効果、免疫力を高めるなどの効能があります。

ガン予防

ブロッコリーにはスルフォラファンという成分が含まれています。
スルフォラファンとは、イソチオシアネートの一種で、アブラナ科の野菜に含まれるイオウ化合物で辛みやにおいの元となる成分です。
スルフォラファンには強力な抗酸化作用と解毒作用があり、老化防止やがんを予防する効能が期待されています。
スルフォラファンはブロッコリースーパースプラウトにも豊富に含まれています。なお、スルフォラファンは脂溶性のため、油をつかった調理がおすすめです。

アレルギー症状の緩和に

ブロッコリーには上記の栄養のほかに、α-リノレン酸も含まれています。
α-リノレン酸とは脂肪酸の一つで、アレルギーの症状を抑える効能があります。
ブロッコリーなど冬のうちからα-リノレン酸を含む食品を定期的に摂取することで、アレルギー症状の一つである花粉症の予防効果も期待できます。
また、α-リノレン酸の15%は、体内でEPAに変化し、その後、DHAに変換する働きがあります。ちなみに、EPAやDHAには血液をサラサラにして、血栓を防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞を予防する効能があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

パパイヤを食べよう!その栄養や効果とは!?

パパイヤは普段から食べる方も少ないかも知れませんね。 実はそのパパイヤの効果が凄いらしいので紹介します。

あなたの骨盤大丈夫?骨盤矯正の効果とは

骨盤が歪むと、体に色んな不調がでますので、要注意です。

そろそろ新入社員・新入生が陥る「五月病」の季節がやってきた。

ゴールデンウィークが終わり、そろそろこの話題が囁かれますね。 五月病を知り、対策をとってみましょう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です