風邪や肌荒れ予防に

春菊には注目の栄養成分、β-カロテンが豊富に含まれています。
春菊はモロヘイヤや人参には劣りますが、栄養が高いとされるほうれん草や青汁でおなじみのケールよりも多くβ-カロテンが含まれています。
β-カロテンは体内でビタミンAに変わる栄養成分で、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、風邪の予防や肌荒れの予防に効能があります。
茹でることでβ-カロテンの量が2倍になるので、春菊のおひたしやお鍋として食べるのがおすすめです。

妊婦さんに

春菊には葉酸も豊富に含まれています。
葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠中や授乳中の女性に必要な栄養素です。
DNAの形成、細胞分裂に深く関わっているため、妊娠初期や妊娠する前に摂取することで、胎児の先天異常のリスクを低下させる効能があります。
また、ビタミンB12とともに赤血球やヘモグロビンの合成を助け、貧血を予防する効果があります。

骨粗鬆症予防

春菊に含まれている栄養素であるビタミンKは脂溶性のビタミンで、血液凝固や止血作用に効能があります。
さらにカルシウムを骨に定着させ、骨を丈夫にする働きがあるので、骨粗鬆症を予防する効果があります。
カルシウムとビタミンKが一度に摂れる春菊は、とっても効率的な食材であるといえますね。

歯や骨に

意外にも、春菊にはカルシウムも含まれています。
カルシウムは骨を丈夫にしてくれる栄養のため、子どもの発育にも重要な役割を果たします。
さらに骨粗鬆症の予防、骨折の予防に効能があるため、とくに高齢者や女性にも必要な栄養です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

貯めると危険!!あなたの『睡眠負債』はどのくらい?

平日に寝れなかった分を、休日に寝貯めして取り返す、、、そんな方は多いのではないでしょうか?

シナモンの力

あのシナモンに

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です