ダイエット効果

もやしの栄養には
ビタミンB2が含まれています。
このビタミンB2には、
脂肪の代謝を促進する効果が期待でき
痩せるために手助けになる働きをしてくれます。
また、もやしの食物繊維は
コレステロール値を下げる効果もあるため
お腹まわりが気になる人にも使えます。
当然ながら、もやし自体のカロリーも低いため
摂取カロリーよりも、消費カロリーの方が多くなり
より痩せやすい状態を作る事ができるのです。

疲労回復

もやしにはアスパラギン酸という栄養成分が含まれています。
アスパラギン酸とは、アミノ酸の一種で、大豆などの豆類、もやし、サトウキビ、アスパラガスなどに多く含まれています。アスパラギン酸はもともと、アスパラガスから発見されたことからこの名がついています。
アスパラギン酸は、タンパク質の合成に関わり、カリウムやカルシウムなどのミネラルと結合し、細胞に運ぶ働きがあります。
また、アスパラギン酸には、疲労回復、アンモニアを尿に合成する作用、肌の潤いを保つ効果などもあります。

整腸作用

もやしにはアミラーゼと呼ばれる消化酵素も含んでいます。別名、ジアスターゼとも呼ばれます。
こちらもビタミンC同様、豆が発芽する過程で増える栄養成分です。もやしにはこうした、豆の段階の栄養と成長する過程で増える栄養があります。
アミラーゼは消化を行う酵素の一種で、食べ物の消化を助けて、腸の働きを整える効果、胃もたれや胸焼けを防ぐ効能が期待できます。
もやしには食物繊維も含まれています。食物繊維は第6の栄養素とも呼ばれていますね。
もやしには豊富ではありませんが、食物繊維も含まれており、不溶性食物繊維が多いことが特徴的です。
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収し、膨らむ性質があります。これにより、腸内環境を改善する効果、排便を促す効果が期待できます。
ちなみに、水溶性食物繊維には血糖値の上昇を防ぐ効果、コレステロール値を抑える効能などがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鮭の美容効果

健康効果だけでなく美しくなる成分がいっぱいです。

牛乳を飲もう

牛乳はやっぱりいいんです。

チョコレートに意外な効果が

チョコレートに意外な効果が

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です