えのきたけの効果とは

えのきたけは本来、エノキ(榎)やコナラ(小楢)などの広葉樹の根元に生えるきのこで、野生のものは褐色でカサが大きく、柄も短めです。店頭で見かけるえのきたけは、ひょろりと細長く乳白色をしていますが、これは菌床栽培されたもの。最近は、野生種を掛け合わせた茶色いえのきたけも売られています。
サッと加熱するとシャキシャキとした歯ごたえが楽しめ、じっくり煮るとトロリとした食感になり、鍋物や炒め物、和え物などいろいろな料理に活躍します。

ダイエットに良かった

えのきたけがダイエットに良いとされる理由は3つあります。

①脂肪を包み込んで排出してくれる!便秘予防も!(キノコキトサン)
②内臓脂肪を減少させる成分を持っている!(エノキタケリノール酸)
③脂肪をコーティングして体内への吸収を防いでくれる!(キノコキトサン)



なんてダイエット向きなきのこなんでしょう。。
安価で手に入りやすいえのきだけなので、出来るだけ上手に毎日の食事に混ぜて摂って頂きたいきのこです。

便秘解消にも良かった

えのきたけには、不溶性の食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維は、胃や腸に届くと水分を吸収して何倍にも膨らみます。

膨らんだ食物繊維は、腸を直接刺激したり便の量を多くしたりして、腸の働きを活発にさせる効果があります。また、先ほど登場したキノコキトサンには整腸作用があり、こちらも腸の働きを活発にしてくれるんですね。

腸の働きが活発になれば、腸にたまった便をしっかり排出して便秘を解消できたり、腸が活発になれば代謝も上がって体にたまった脂肪が燃えやすくなります。

最後に

いかがでしたでしょうか?<br/><br/>今までスーパーで見かけても素通りする事の多かったえのきたけを見る目が、今日から少し変わったのではないでしょうか。<br/><br/>えのき茸はいつでも安く買い求める事が出来るので、是非毎日の食卓のメニューにえのき茸を使った一品を加えて日々の健康作りに是非役立ててみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

高麗人参の効果に迫る

エナジードリンクにも入っている高麗人参。なんか効きそうなネーミングですが、その効果とはいったいどういったもの…

病院の薬には頼らない!自分で治す風邪の民間療法とは

病院の薬に頼らず、自力で風邪を治してみませんか?

入浴とアルコールの関係

お酒の後の入浴は大丈夫なのかな?ダメなのかな?

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。