子供のウェア

子供の服はデザインで選んでいる方も多いと思います。ですが雪遊びの服装に関しては、デザインよりも防寒対策バッチリな機能性を重視した方が良いですよ。
肌着は速乾性があり、化学繊維でできたユニクロのヒートテックなどがおすすめです。子供の肌に優しいと言えば、思いつくのは綿100%で、中でもキルティング生地は温かいので寒い冬にも重宝します。しかし、綿100%の素材の衣類は、吸水性に優れていて汗をよく吸い取るので、寒い冬にはその後に水分が冷えて体温を奪ってしまうので、風邪をひく原因になってしまいます。
特に汗をかきやすい雪遊びでは、綿素材の肌着は着用しない方が良いです。
上着のスキーウェアは上下に分かれているセパレートタイプの物もありますが、つなぎタイプのウェアが、子供が小さいうちはおすすめです。
着せやすくめくれにくいので、でお腹から雪や風が入ることも防げます。
トイレの時は面倒かなとは思いますが、小さい子供が雪遊びをする時間はせいぜい長くても2時間弱。事前にトイレを済ませておけば、十分に対応できると思います。
足元はスノーブーツで暖かくしましょう。長靴だと雪が中に入ってしまうため、しもやけの原因になってしまうこともあります。スノーブーツは防寒にも優れ、滑りにくいので子供が夢中になって遊んでいても転倒する心配がありません。
手袋ですが、ミトンタイプか5本指タイプの物か、悩みますよね。
ミトンのメリットはすんなりと付けられるという点です。しかし、雪がつかみにくいというデメリットがあります。
5本指タイプは雪や物がつかみやすいメリットのかわりに、子供によってはうまく付けられないというデメリットもあります。
購入する際にお店で子供に試着をさせて決めるといいと思います。

オススメのゲレンデ

・苗場スキー場
スキーなどをしない人でも知っている“苗場スキー場”。ホテルが目の前なので泊りではもちろん、日帰りでふらりと遊びに行くにも楽しいです。着替えにも便利で、赤ちゃん連れに優しいレストルームや足湯、温泉もあります。
キッズパークは、広々としたファミリーゾーン内にある「わくわくファミリースノーランド」と「ちびっこ広場」があります。「わくわくファミリースノーランド」はボートをスノーモービルで引っ張り雪原を駆け抜けるスノートレインがあり、速度調整可能なので小さな子どもから楽しめます。「ちびっこ広場」ではスノーチュービングでの滑走、そりを使った雪の上の観覧車“カルーセル”などがあり雪遊びを満喫できます。
世界初のインドアキッズゲレンデ「パンダルマンハウス」では、寒くない環境でレッスンを受けられます。
レッスンは3歳からなので、滑ることに興味を持ったら遊びの延長で気軽に体験させてみるのも面白そうです。

・水上高原スキーリゾート
水上高原スキーリゾートは、ファミリー向けの遊び場がホテル周辺に配置されています。
トンネルがある大きな雪山「わんぱく山」、雪国ならではの「かまくら村」、シェルターも完備した本格的な「雪合戦広場」など雪遊びの内容も盛りだくさんです。
スノーチュービングやソリも楽しめ、キッズ専用のスキーコースもあるのでゲレンデデビューに向けた練習も安全に楽しめます。

・ふじてんスノーリゾート
中央道河口湖ICより約20分、東京・横浜からも約90分と近く、日帰りスキーにもってこいです。
45mのムービングベルトのあるソリゲレンデをはじめ、ゲレンデデビューした子どもの練習にぴったりな「ちびっこスキーゲレンデ」や、ふわふわや滑り台などの遊具のある「雪遊びゾーン」や、誰でも7m級の大ジャンプが体験できる「スカイトランポリン」の人気のアトラクションもあります。

今年こそは我が子を雪山デビューさせようと思っています。
今までは自分だけ滑っていれば楽しかったですが、子供と一緒に行くとなれば
話は変わりますね。
準備万端にして子供メインで楽しみ、隙を見て滑りに行こうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

40歳を超えてもバリバリの現役!ベテランアスリートをご紹介

調べてみると、そんなに年齢が高いとはびっくりです。見た目も衰え知らず。かっこいいベテラン選手に注目です。

どれが痩せる?消費カロリーの高いスポーツランキング3選!

スポーツをする時には純粋に楽しむ場合ももちろんありますが、スポーツをすることによって生じる、体へのプラスの効…

プロテインの種類のまとめ

少しトレーニングにも慣れて、気になり始めたプロテイン。 スポーツショップに行ってはみたものの、種類が多くて迷…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です