どうしても断れない飲み会や急な上司からの誘い等、皆さんはどう切り抜けているでしょうか。

特に、お酒の弱い人にとって、連日の誘いは体力的にもきついですよね。
そこで、悪酔いや二日酔いを手軽に避けることが出来る方法を紹介します

飲む前に乳製品を摂取する

まず、お酒を飲む前には乳製品を摂取すると良いでしょう。
これはよく言われていることですが、牛乳やヨーグルト、チーズ等の乳製品は胃の粘膜に膜を張り、ダイレクトにアルコールが吸収されるのを防ぐ働きがあります。

飲み会に行く前に食べておくと安心でしょう。

蒸留酒を適度に飲む

お酒の選び方ですが、お酒には大きく分けて醸造酒と蒸留酒の2種類が存在します。

醸造酒 -二日酔いしやすい
ビールや日本酒、ワインは醸造酒に分類されます。
醸造酒は発酵の後処理をしません。
その為アルコールの種類が多くなり、肝臓で分解する際に時間が掛かります。

蒸留酒 -二日酔いしにくい
それに対して蒸留酒は醸造酒を一定の温度で温め、揮発したアルコールのみを抽出します。
蒸留酒の種類は、ブランデーやウイスキー、焼酎が挙げられます。
蒸留酒のアルコールの種類は一種類になる為、肝臓で分解する際に時間が掛かりにくく、醸造酒よりも悪酔い・二日酔いを起こしにくいというメリットがあります。

しかしながら、蒸留酒であっても飲み過ぎてしまっては意味がありません。
おおよその目安として、悪酔い・二日酔いを起こしにくい限度はビール中瓶1~2本、日本酒1~2合、ウイスキーダブル1~2杯と覚えておきましょう。

お酒を飲んだ後も予防をする

果物を摂取する
飲んだ後は果物を食べるか、オレンジジュース等を一杯飲んでおきましょう。
これらに含まれる果糖にはアルコールを早く分解させる効果があります。
コンビニで果汁100%のオレンジ・林檎ジュースを飲むか、カットフルーツを食べましょう。

ウコンを摂取する
ウコンの中に含まれるクルクミンという成分は、人間が持つアルコールを分解する力をサポートしてくれます。
ウコンはお酒を飲む前に摂るものと認識されています。これはもちろん正しく、飲み会前に摂取すれば飲み会の場での酔い過ぎを予防することができます。

そうは言っても「思いがけず飲み過ぎてしまった」という時もあるかと思います。
ウコンには、飲んだ後に摂ることによってアルコールの分解をサポートし、二日酔いを防ぐ効果もあります。
「ちょっと飲みすぎてしまったな」と思ったら、飲んだ後でも構いませんのでウコン製品を摂取すると良いでしょう。

帰宅後は半身浴
帰宅後はシャワーで済ませずに水分を補給しながら、20分程度の半身浴をして汗を流しましょう。
汗を流すことで、悪酔い・二日酔いをかなり防げるはずです。

ただしあまりに泥酔している場合は、血液循環が乱れてしまい脳貧血、不整脈などを引き起こしかねませんので止めておきましょう。

就寝前にお水を飲む
最後に、寝る前にお水を飲みましょう。寝ている間も体内はお酒の分解をしています。
お水で体内のアルコールを中和させることで、分解のサポートをすることができます。
これで朝起きたときに、しっかりお酒が抜けていることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

風邪から身を守ろう

風邪って嫌ですよね

献血は自らを救う!?ダイエット効果も??

献血をすることで、社会貢献だけではなく自らも救えるかもしれませんよ。

笑顔がもたらす3つの効果

皆さま、最近大きな声をあげて笑ったのはいつですか? 人の笑顔には様々な効果があると言われてます。 いつも笑顔…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。