先週の日曜日は東京競馬場にてジャパンカップが行われ、大魔神こと佐々木主浩さんの馬・シュヴァルグランがキタサンブラックやサトノクラウンを制して悲願のG1制覇を成し遂げました。ここまで、あとちょっとというところで差し切れなかったシュヴァルグランが遂にといったところでしょうか。僅か2分半の勝負で得た獲得賞金は約7億3千万円。興行収入も凄く、僅か2分半のレースのために200億円が動いたと言われる今年のジャパンカップ。それだけ注目度の高いレースということですね。これで競馬ファンではない方たちにもシュヴァルグランの名がひびきわたったといったところでしょうか。個人的には、馬自体の調子は問題なく、むしろジャパンカップに照準を合わせていたのだからメンバー内でも最高のコンディションで臨めていたことはわかっていました。しかし騎手が福永騎手ではなくボーマン騎だったということで、重い印をつける勇気がなかったといったところです。
注目を浴びていたキタサンブラックですが、3連勝ができない馬と個人的にレッテルを貼っているので、ここは勝つことができないと予想していました。結果、キタサンブラックは3着と沈んだわけですが、今回の走りを見る限り、あのペースで支配できた道中で、ラストがキレないとなると天皇賞・秋の疲労が残っているのか、それとも限界迎えているのかな?と感じざる得ないところでしょうか。しかし個人的には、ここで負けたことにより有馬記念は有終の美で自らの引退レースに華を添えるかも?ですかね。

騎手交替願う!マカヒキ

マカヒキファンとして一言。「川田騎手カムバック」と言いたいところ。いい加減、内田騎手では勝てないしマカヒキが可愛そうというのが個人的な意見です。何故に内田騎手にこだわるのか?と疑問だらけで、今回のジャパンカップもマカヒキ自体は強さを戻していた思っています。道中もかなりの接触があり体力減少にも繋がってしまっているし、実際に取りたいポジションにもつけていない。レイデオロがスタートで挟まれて後退してくれたおかげでターゲットとして取りやすいのに、ソウルスターリングにも憚れてしまっている始末。結局、ラストもキレが出ずに4馬身差の4着フィニッシュと、ルメール騎手、デムーロ騎手、武豊騎手レベルであれば、もっと上にいた状態だったのかなといったところです。
ルーティンとしては有馬記念になるのかな?ですが、ファンとしては来年の大阪杯まで休養して欲しいところ。また来年元気に姿を表して、ライバルのサトノダイヤモンドと一時代を築いてほしいと思っています。

本当は強い今年の3歳馬?レイデオロ

モズカッチャン、ペルシアンナイト、そして・・・と、3週連続の3歳馬のG1制覇が期待されたジャパンカップ。レイデオロが今のところ世代最強馬として扱われている中で、ダービー馬の意地を見せてくれるか?と期待が集まりました。今年の3歳馬は狭間の世代と揶揄されているなか、逆に最強世代の4歳馬が勝てない現状。皐月賞馬のディーマジェスティは引退してしまったり、サトノダイヤモンドも凱旋門賞で完全に調子を崩しているし、マカヒキも未だスランプから抜け出せていない。今年になってG1を制した最強世代はセイウンコウセイのフェブラリーステークスとアドマイヤリードのヴィクトリアマイルくらい。狭間の世代実今年の3歳馬は、実は強いのかも?といった印象です。
どの期待を背負って出走したレイデオロは、スタートで若干のアクシデントにみまわれます。ゲートが開き、シュヴァルグランとイキートスに挟まれて接触してしまった感じで、先行したかったところを中団からのレースを余儀なくされる結果に。ただ幸いしたのは前にポッカリとスペースがうまれ、道中は楽に展開でき一息つけたところかなと。3〜4コーナーで外に振って直線。上がり3Fは34.6とレインボーライン並ぶメンバー最速で前2頭に接近。最後はゆるくなったキタサンブラックを交わしシュヴァルグランにも詰めよるがしぶとく伸びたシュヴァルグランには届かずの2着フィニッシュ。3週連続の3歳馬G1制覇とはいかなかったものの、見事な2着と思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

大荒れを制したインカンテーション!今年の武蔵野ステークスを制覇!

チャンピオンズカップの出走優先権を獲得したのはインカンテーション!カフジテイク、まさかのブレーキといった感じ…

2017年 フェブラリーステークス

JRA重賞レースG1初戦のフェブラリーステークス。昨年はレコードタイムを叩き出したモーニン。今年はどんなド…

今年の菊花賞馬はキセキ!まさに奇跡の末脚で圧巻の勝利!

泥んこ祭り状態の京都競馬場で開催された菊花賞はキセキが最後の王冠を手にしました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。