いよいよ中距離戦の頂上を決める戦いが今週末にはじまります。中山金杯からスタートした今年の2000mクラス競馬。遂に今週日曜日に東京競馬場にて王者が決定するとても注目のレースです。なかでも、今年限りで惜しまれつつ引退するキタサンブラックが大注目を浴びており、現段階の単勝オッズも2.3と圧倒的に1番人気となっています。昨年のジャパンカップもキタサンブラックが制しており2着はサウンズオブアース、3着はシュヴァルグランと昨年の連対した3頭全てが出走予定となっており、更にダービー馬やオークス馬などなども出走予定なので、今年もとてもレベルが高いレースとなることが予想されます。メンバーを見れば年末の有馬記念よりも分厚いメンバーともいえるかと思われます。
今年はどんなレースとなるにでしょうか?


シュヴァルグラン
レイデオロ
ギニョール
キタサンブラック
サウンズオブアース
イキートス
ディサイファ
ソウルスターリング
レインボーライン
ブームタイム
マカヒキ
サトノクラウン
シャケトラ
アイダホ
ワンアンドオンリー
ヤマカツエース
ラストインパクト
以上、18頭の出走馬です。

ジリジリと復活の兆し!マカヒキ

言わずと知れた昨年のダービー馬。サトノダイヤモンドとの叩き合いを制したあのレースから1年以上も経過している中、この素質馬はフランス凱旋門賞挑戦をキッカケにスランプに陥っています。本来のキレがまだまだ戻ってきていないのが正直なところで、前走となった天皇賞・秋では、ラストで4着のリアルスティールに迫るところまできたものの、サトノクラウンやキタサンブラックとは大きく差をつけられてしまっているので、なんとも微妙なところ。馬場状態は不良だっただけにパワー型の馬が勝ったといえばそこまでではあるものの、もう一つ復活とままでは言い切れない、というよりもファンとして認めたくないところ。もっと強いはずといったところです。
今回の枠順は中枠からのスタートということで、スタート後に若干揉まれてしまう可能性がありますが、いい加減、内田騎手もマカヒキの良さや特徴を知ったということを信用し、うまく捌いてくれるはず。ここで結果が出なければカムバック川田騎手と叫びたいのがファンの本音です。レース的には単騎逃げをしそうな馬は見当たらないのでそこまではペースとして上がらないはず。今年のダービー馬のレイデオロあたりを内の後ろでマークしペースを合わせていきたいところ。ルメール騎手に流れるカタチで入って直線でキレ勝負すれば連対も可能じゃないかと。とにかく頑張れ、マカヒキ!

ペルシアンナイトに続けるか?レイデオロ

狭間の世代と揶揄され続けてきた今年の3歳馬。アエロリットただ一頭が気を吐いていた今年の前半戦だっただけに仕方のない酷評といっても良いのかなと感じていました。しかし、秋になってから3歳馬が気を吐いてます。スワーヴリチャードやウインブライト、さらにはG1のマイルCSではペルシアンナイトが勝ち、そして牝馬でもエリザベス女王杯でモズカッチャンが制覇しています。ここに来て本当に狭間の世代なのか?もしかしたら昨年の最強世代よりも強いんじゃないの?という声も囁かれるほどになってきました。
そして、菊花賞を回避した今年のダービー馬・レイデオロがいよいよ標準を合わせたジャパンカップに出走します。前走となった神戸新聞杯でも菊花賞を制したキセキとは圧倒的なキレで勝利し、完全に3歳馬の頂点見入る存在といっても良いのかなといったところ。
しかし、今個体の能力ももちろんありますが、個人的な見解としてはルメール騎手との相性が抜群という点も評価に入れておきたいところです。今回の手綱、もちろんルメール騎手。キタサンブラックやサトノクラウンといった先行馬を、後ろからどのタイミングで仕掛けてくるのかというのも非常にみものです。問題は、今のゆるくなった馬場でキタサンブラック他、強敵多い古馬に立ち向けるのかといったところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ルメール快挙3週連続V!今年の日本ダービーはレイデオロ!

3歳クラシック第2戦 日本ダービーを制したのは、2番人気のレイデオロ。鞍上・ルメールは3週連続V。

気が強い!?逃げ馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、逃げ馬編のご紹介です。

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュ!今年の新潟2歳ステークスの結果

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュした今年の新潟2歳ステークスを振り返ります。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。