今週末は東京競馬場にて3歳牝馬クラシックの頂上決戦とも言える第79回優駿牝馬が開催されます。昨年は桜花賞で惨敗だった2歳時の女王ソウルスターリングが意地のはしりを見せて、オークスを制した感じでした。今年のクラシックレースの初戦の桜花賞では新たな産駒が名を連ねる中で、その内のロードカナロア産駒でもあるアーモンドアイが後方から一気に強襲し差し切っての勝利でした。そしてオークス。距離がグンと伸びて2400m府中舞台に繰り広げられます。今後の古馬G1戦線でも中距離路線を勝ち抜くための重要なレースにもなるオークス。今年はどの馬が王冠を手にできるのでしょうか。今回は距離延長でも府中向きであろうと思っているトーセンブレスと、そろそろ王冠が欲しいのは武騎手かなと、そのコンビのマウレアにも注目です。

オークスで弾けることができるか!?トーセンブレス

レース自体が噛み合った時の末脚は強烈なトーセンブレスも出走予定です。鮮烈なデビューを果たしたトーセンブレスで、プリモシーン相手に外から差し切っての勝利を収めているだけに、噛み合った時の末脚は強いなと感じています。とは言っても、前走の桜花賞では、入り自体がキツく、途中に緩んだペースから後半特化型と言った感じで、どちらかといえば後方軍団が入り込みやすい流れではあった中で、アーモンドアイとの差見比べてしまえばトップスピードの質と、その持続力、どちらにおいてもかなりの見劣り感は否めない感じでしょうね。上がり3ハロンで1秒もの大差をつけられていますし。また、前目でレースを展開していたラッキーライラック相手でも、差を0.2しか詰め寄れていない感じです。これが距離延長した場合にどう出るかなのですが、マイルよりは1800ー2200mはあった方が良いタイプなのかなと。ということで、期待したいのは今年のエリザベス女王杯あたりなんですが、今回のオークスでもある程度は期待。というのは、入り自体は桜花賞に比べて問われないと思うし、ギアの入れ替えは悪くないタイプ。あとはロスなく柴田騎手が捌いてくれるかでしょうかね。んー、でも狙うにはちょっと足りないかなというのが個人的な感想です。

そろそろ重賞勝ちを!マウレア

新馬戦から強さを見せつけ、阪神ジュベナイルフィリーズを3着とこの世代を代表する牝馬で有ることは間違いないマウレアも出走予定です。比べる対象がどうしてもラッキーライラックになる感じなので、総合力からいうと、やはりラッキーライラックの方が数段上にいるレベルかなと。というのは、チューリップ賞でもそうですが、比較的ゆったりとしたペースをサヤカチャンがつくった感じで、後方集団も突っ込んでこれる環境ではあとあのですが、前にいたリリーノーブル、マウレア、ラッキーライラックは強かった感じで、その中でも突き抜けてきたのがラッキーライラック。桜花賞では後方からの競馬となってしまい、結果的にアーモンドアイとのトップスピードの質を比べると、こちらは相当な力不足。こうなると、ラッキーライラックを的にしている連対になだれ込むのが正攻法ということになるのですが、勝ちきれるまではいかないのが正直な感想です。あちは天才武豊騎手がどうレースを運ぶかと言ったところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

どう思いますか?今のディープインパクト産駒について

とにかく強いのはわかっているディープインパクト産駒。でも疑問も残るのがディープインパクト産駒でもあります。

末脚鋭くローズステークス制覇!ラビットラン

初重賞制覇を成し遂げたのは無名のラビットラン!ダート上がりの馬が快挙です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。