・いきなりのランニングはケガや故障の原因

ランニングのダイエットはただ走ればいいというものではありません。「ダイエット」というゴールを見据えて、無理のないトレーニング計画を立てましょう。ランニング経験がない人や長い間運動をしていなかった人にありがちなのは、トレーニング初日からがんばりすぎて足などを痛めてしまうケースです。いきなり走るのはケガや故障の原因になります。

・ランニングするには順序がある

ウォーキングが60分間余裕でできるようになればランニングに進みましょう。

いきなりのランニングは上記でも述べたように、ケガや故障の原因となります。

故障をすれば、せっかくのランニングダイエットもできなくなります。


ランニングのスピードはおしゃべりをしながら走れる速さが目安です。
ランニング初心者の場合は1kmを8~10分程度で走るペースで、最初は30分間のランニングから始めましょう。
身体が慣れてくれば走る時間と距離を少しずつ伸ばしていきましょう。  
無理をしない事が大事です。

そして、どれくらいのランニングでカロリー消費するか把握しましょう。

・ランニングは有酸素運動の中でも最もカロリー消費効率が高い
・消費カロリーの計算方法は『自分の体重(Kg)×走る距離(Km)』
・例:体重60Kgの人が10Kmのランニング⇒600Kcal

ランニングはカロリー消費以外にも食欲抑制効果、さらに健康や美容にも効果があります。

・最後に

ランニングダイエットは、正しい方法で怪我をすることなく継続できれば、必ずと言っていいほど効果のあるダイエット方法です。

お金も道具も必要なく始められるダイエット方法ですから、まずは「1日5分だけでもやってみようかな」と気軽に始めてみてはいかがでしょうか。
勇気を出して始めるのが大事ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

朝食ヌキは脳の断食です。

朝食は大事なんですよね。

正月太りしないために!

毎年くる正月太りに悩むあなたへ

大麦の力

大麦は、麦ごはんや雑穀米として食べるだけでなく、麦茶やビールの原料にも使われる穀物です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。