やり方

やりかたはパンツを脱いで寝るだけです。
全裸でもかまいませんし、上だけパジャマなどを着てもOKです。
ただし、下はなにも身につけないのが原則です。

そのパンツを履かないだけで得られる効果がいろいろあるんです。

・快眠効果
下着の締めつけは、一見そんなに影響はなさそうですが
常に締め付けられているので、意外と体には悪く睡眠を妨害しているらしいです。
これは人は締め付けられると交感神経が働いてしまうのが原因だと言われています。また逆に締めつけがないと副交感神経が刺激されるようです。
副交感神経が優位になるとリラックスした状態なので熟睡出来ると言えます。
また下着と布団のこすれなどでも睡眠の質が下がると言われています。
なので、ノーパンで寝ることでリラックスして寝ることができます。

・代謝が上がる
ノーパンで寝ると、血流が良くなります。
これは締め付けがなくなるのでその分血行が促されるからです。
それと体を冷やすことで、逆に温めようとする力が働きためです。
血流がスムーズになり疲労回復にもなります。

・冷え性改善
血流がよくなることは上にも書きましたが。その効果によって冷え性も改善すると言われています。
実際、人は体が冷えると逆に温めようとするので基礎代謝が上がると言われています。
また基礎代謝が上がれば、少なからずダイエットにもつながります!

・若返り効果(アンチエイジング)
ノーパンで寝ると若返り効果があるようです。
血流がよくなるのも関係しますが、ノーパンだと副交感神経が働き
若返りホルモン「アセチルコリン」が分泌されます。
パンツを履かないだけでアンチエイジングできますよ。

・便秘解消
ノーパン健康法は、便通が良くなると言われています。
また、下痢も解消するそうです。

パンツを履かないだけでこれだけの効果があるんですね。
締め付けられないという開放感は魅力的です。
早速、実践してみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

『自然音』は安眠へのお手伝い

自然の音リラックスできます。

熱中症の症状と対策

多くの方がなってしまう熱中症。その対策と予防とは。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です