メットライフドームで胴上げ

2017年9月16日(土)福岡ソフトバンクホークスと西武ライオンズの試合が行われました。この試合で勝つか引き分けで福岡ソフトバンクホークスの2年ぶりリーグ優勝が決まる一戦は、ホークス東浜投手とライオンズ野上投手の投げ合いとなりました。

4番、5番の活躍

ゲームは2回の裏に動きます。4番山川穂高選手の17号ソロホームランでライオンズが先制0-1。4回表にホークスは3番中村晃選手がヒットで出塁すると4番柳田悠岐選手が3球目をレフト方向へ逆転の30号2ランホームランで2-1。5回にはホークス打線が繋がり、9番高田選手が先頭バッターで出塁すると、1番明石選手が送りバント、2番今宮選手のタイムリーで3-1。3番中村選手もヒットで続くと、4番柳田選手がライトへタイムリーツーベースで4-1。ここで野上投手が降板。ライオンズは平井投手に交代しましたが5番デスパイネ選手の2点タイムリーで6-1と突き放しました。7回表はデスパイネ選手の33号ソロホームランで7-1として優勝へ近づきます。

最後は守護神

9回は今シーズン史上初の50セーブを達成したサファテ投手を投入。
セーブがつく場面ではありませんでしたが、リーグ優勝の場面では投げさせると決まっていたのでしょう。最強守護神サファテ投手も緊張したのでしょうか、2点は失いましたが最後のバッタのメヒア選手をサードゴロに打ち取り、2年ぶりのリーグ優勝をパリーグ最速記録で決める事ができました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

開幕間近!日本ハムファイターズVS埼玉西武ライオンズ

プロ野球開幕まで残りわずか。 日本ハムファイターズと埼玉西武ライオンズの開幕投手と紹介していきます。

シーズン終盤、今年の個人タイトル争いに注目

セリーグは広島が他を圧倒して優勝を決めました。数々のドラマが今年もありましたね。

今シーズン終了!お疲れ様 埼玉西武ライオンズ

今シーズンはお疲れ様でした。来年こそは優勝しましょう。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。