メットライフドームで胴上げ

2017年9月16日(土)福岡ソフトバンクホークスと西武ライオンズの試合が行われました。この試合で勝つか引き分けで福岡ソフトバンクホークスの2年ぶりリーグ優勝が決まる一戦は、ホークス東浜投手とライオンズ野上投手の投げ合いとなりました。

4番、5番の活躍

ゲームは2回の裏に動きます。4番山川穂高選手の17号ソロホームランでライオンズが先制0-1。4回表にホークスは3番中村晃選手がヒットで出塁すると4番柳田悠岐選手が3球目をレフト方向へ逆転の30号2ランホームランで2-1。5回にはホークス打線が繋がり、9番高田選手が先頭バッターで出塁すると、1番明石選手が送りバント、2番今宮選手のタイムリーで3-1。3番中村選手もヒットで続くと、4番柳田選手がライトへタイムリーツーベースで4-1。ここで野上投手が降板。ライオンズは平井投手に交代しましたが5番デスパイネ選手の2点タイムリーで6-1と突き放しました。7回表はデスパイネ選手の33号ソロホームランで7-1として優勝へ近づきます。

最後は守護神

9回は今シーズン史上初の50セーブを達成したサファテ投手を投入。
セーブがつく場面ではありませんでしたが、リーグ優勝の場面では投げさせると決まっていたのでしょう。最強守護神サファテ投手も緊張したのでしょうか、2点は失いましたが最後のバッタのメヒア選手をサードゴロに打ち取り、2年ぶりのリーグ優勝をパリーグ最速記録で決める事ができました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

前人未踏!ソフトボール上野、2000奪三振達成!

ソフトボール日本リーグ女子、ビックカメラ高崎の上野由岐子投手がリーグ史上初の通算2000奪三振を達成!!

ベイスターズの新たな挑戦!クライマックスシリーズ開幕!

2016年10月8日、プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)が開幕。まずは両リーグのファーストステージが始…

カープびいきvol.34 7月6日 ジャイアンツ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。