170センチと小柄ながら

日ハムの守護神と言えば、この人の名前もあがりますね。日本通運から02年ドラフト4巡目で入団した武田は1メートル70の小さな体を大きく使った投球で、ブルペンの柱としてフル回転。通算167セーブ、107ホールドをマークし、06、07年は中継ぎで、09、12年には抑えでリーグ優勝に貢献。特に09年は無敗のままセーブ王に輝くなど、最優秀中継ぎ、最多セーブは3度獲得しました。だが、14年から登板数が激減し、15年開幕前には左膝、夏場に右膝を手術するなど故障に悩まされ、守護神も増井に譲る形となっていました。

現役続行

今月に入り球団から現役引退を勧められたが、現役続行を希望。球団も守護神としてチームを長年支えた功労者の意向を最大限尊重する方針だ。黄金期を支えた小さな守護神が大きな決断を下しました。
全盛期の力はないかもしれませんが、守護神として活躍した経験などは他球団も欲しい存在かと思います。中継ぎや抑えに不安のあるチームは武田投手に声をかけるのではないでしょうか。

調子も上がり

中長期的なビジョンを描く球団は、来季も若手を積極的に起用する方針ですね。ただ、武田投手自身はコンディションの不安が消え、今季2軍では10試合に登板して1勝1敗、防御率3・27。右膝が地面に着くほど低い重心から浮き上がる直球は健在。

最後に

日本ハムファイターズは若手中心にシフトチェンジしてきましたね。
シーズン途中には中継ぎの谷元投手を中日ドラゴンズにトレードを出すなど若返りしてきています。そんな中、武田投手も。しかし武田投手の輝かしい実績は来シーズン他の球団で武田投手が投げている姿がまた見れるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

カープびいきvol.13 6月6日 日本ハムファイターズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

往年のスター選手〜広島東洋カープ〜

プロ野球の往年のスター選手を紹介していきたいと思います。 今回は広島東洋カープです。

4月19日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月19日のプロ野球結果です。 今永選手初完封勝利。ジャイアンツ4連勝。中日ドラゴンズサヨナラ勝ち。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。