親子丼作ってしまおう

外食では脂質、糖質、塩分等が気になるかもしれません。だったら家で作ってしまいましょう。味、量、具、自分の思いのままになるのが魅力ですが、ダイエットをするにあたっての創意工夫ができるのもいいんです。手間は掛かりますがオススメです。しかもカロリーだけでなくやり様によってはコストも抑えられます。2回目の今回はその方法について紹介したいと思います。

方法

親子丼を自宅で作るときは鶏肉の皮は完全に剥ぎ取りましょう。脂身もカットしたい所ですが出来る範囲で実施します。その20,30Kcalが何回も作れば塵も積もれば大分変わってきます。さらにカロリーを抑える場合や食べた感を出す場合は鶏の胸肉です。リーズナブルでタンパク質も豊富です。ワイルドに皮をガバッと剥いでカットです。オススメではないですが、カット後に胸肉を茹でて最後に投入し煮るとさらに余分な油も落ちさらにカロリーが抑えられます。ツナ缶に帰ると簡単にカロリーカットは出来ますが他人丼になってしまうのでまた今度(笑)
汁の味付けですがみりんと砂糖のカロリーで約20kcal程度になります。これらを半分にすれば10kcalのカロリーカットです。たったの10kcalかもしれませんが、でご飯を減らしたり鶏肉の皮を剥いだり努力の積み重ねでまたまた塵も積もればでそれなりののカロリーカットが出来ます。さらに極めるなら野菜です。野菜というだけで安心で油断しますが野菜にもそれぞれカロリーはあります。タマネギ40gで15kcalに対して、長ネギ20gだと6kcalなんです。タマネギを長ネギに置き換えると10kcal近く親子カロリーを抑えられ、風味も良いですよ。

食べ方でも変わる

お腹いっぱい食べたい時は糸こんにゃくを入れてしまいましょう。意外と美味しいし量も食べた感もあり究極のカロリーカットです。そして私がやるのはご飯の上に具をかけずに別盛りです。汁の染みたご飯は止まらないしカロリーや塩分糖分等もとってしまうのも防げます。食べるスピードも落ちます。食べ方でもだいぶ変わります。是非お家で親子丼にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

食事でできる日焼け対策

日焼け対策は体の中からもできるそうですよ。

ただの整理整頓だけではない!あなたも断捨離を始めよう

断捨離するといい事ばかり! 断捨離についてご説明します。

1家族一回限りの無料サンプル請求