ACL準々決勝 第一戦!日本のクラブチーム同士の対決は、川崎が先勝!!

ACL2017 準々決勝ファーストレグ 川崎フロンターレ 3-1 浦和レッズ

ACL2017 準々決勝ファーストレグ 川崎フロンターレ 3-1 浦和レッズ

【得点者】
1-0 33分 小林悠(川崎)
2-0 50分 エウシーニョ(川崎)
2-1 76分 武藤雄樹(浦和)
3-1 85分 小林悠(川崎)

約3ヵ月ぶりに開催されるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)。準々決勝では日本の川崎フロンターレと浦和レッズの直接対決となり、第一戦が8月23日、川崎のホームである等々力陸上競技場で行われました。

試合はホームの川崎が3ゴールで先勝!浦和にアウェイゴールとなる1点を奪われたものの、第2戦に向けて、大きなアドバンテージを得ました。

第二戦は9月13日、浦和のホーム・埼玉スタジアム2002で行われます。

ホームの川崎が3発快勝!!

ACLの準々決勝で日本のクラブチームが直接対決!川崎フロンターレと浦和レッズという注目の対決です。どちらかがここで敗退となりますが、準決勝に日本のチームが確実に進出することになりました。その権利を得るのはどちらのチームか?ホーム&アウェイの2試合で決まります。

川崎のホームで行われた第一戦は、序盤から慎重なスタートを見せましたが、徐々に川崎が浦和ゴールを脅かす展開に。そして33分、川崎は中村憲剛が左サイドからペナルティエリア内に侵入してラストパス!これを小林悠が流し込んで先制に成功。前半は川崎がこのまま1点リードで折り返しました。

後半に入っても川崎ペース。50分、エドゥアルド・ネットのスルーパスに抜け出した小林がシュート!これは浦和GK・西川周作が一度は防がれましたが、こぼれ球をエウシーニョがジャンピングボレーで押し込み、リードを2点に広げました。

その後、浦和に1点は返されたものの、85分、家長昭博が左サイドからペナルティエリア内に侵入してクロスをあげると、再び小林がヘディングで決めて、3点目をもたらしました。

このまま試合は終了。川崎が3-1で浦和に先勝し、準決勝進出に大きく前進しました。

浦和は貴重なアウェイゴール!第二戦での逆転勝利を目指す!

Jリーグ第13節での直接対決でも1-4で川崎に敗れた浦和でしたが、この試合でもゴールラッシュを食らいましたね。武藤雄樹のゴールで貴重なアウェイゴールをあげたのが、浦和のホームで行われる第2戦で活きてくるのか注目ですね。

浦和はラウンド16での済州ユナイテッド戦で、第一戦を0-2で落としたものの、第二戦のホームで3-0で勝利し、逆転で準々決勝進出を決めただけに、まだまだ分かりません。個人的には「川崎」なんですが、浦和の逆襲なるか、第二戦が楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2つの日本企業がランクイン!高額な胸スポンサー10傑!!

スペイン紙「AS」が現在のサッカー界で「高額な胸スポンサー10傑」を発表した。

ACミランがユベントス破り優勝!イタリア・スーパー杯

イタリアのサッカー・スーパーカップが23日に開催され、イタリア杯準優勝のACミランとセリエA覇者のユベントス…

Jリーグ開幕直前!!私なりの見所 その3

これは大型補強を行ったチーム同士の試合ですね。ハイレベルな試合になりそうです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。