LDLコレステロールとは?

コレステロールとは、体内の細胞の膜を構成している成分で、生きていくために必要なものです。血管中には「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」の二つがあり、LDLコレステロールが血管中に油分を運び入れる働き、HDLが血管中から油分を運び出す働きをしています。

このうちLDLコレステロールが血管中に溜まり過ぎると動脈硬化という、心筋梗塞などの原因となる状態を引き起こしてしまいます。このため、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれ、反対に逆の働きをしているHDLコレステロールが「善玉コレステロール」と呼ばれています。

LDLコレステロール(悪玉)が高くなる原因!

LDLコレステロール(悪玉)が高くなる原因には、加齢、運動不足、脂肪分の多い食事、食物繊維の不足、日頃のストレス、肝機能の低下、飲酒、遺伝による体質などがあげられますが、何かしら当てはまりそうなものが多々ありそうですね。

しっかりとした食生活を行っていても、遺伝的にコレステロール値が上がりやすい方もいれば、女性の場合は更年期後に女性ホルモンのエストロゲン分泌量が減少することでコレステロールが高くなることもあるそうです。

また、精神的なストレスや生活環境の変化により、心身に大きな影響を受けることでもコレステロールが上がることがあります。ストレスを受けると体の組織がダメージを受け、肝臓からその修復のためにコレステロールがたくさん血液中に送られるそうです。また、ストレスや睡眠不足によって余分なコレステロールを肝臓に戻す役割をもつ善玉コレステロールの働きが弱まることで、血中にコレステロールが溜まる一方になり、数値が上がってしまうことにもなります。

LDLコレステロールを下げるためには、、、

コレステロールを多く含む食品を摂らない

コレステロールは、細胞を作る際に必要な要素になりますので、多く含まれるのは、これから細胞を作ろうとしている「卵」。鶏卵だけでなく、魚卵にも多く含まれています。

また、コレステロールは、肝臓で生成されますので、動物の肝臓(レバー)を食べると、その分が体内に入ることになります。その他は、脂肪分に含まれますので、牛乳、牛乳の脂肪分から作られるチーズや、バター、生クリームなどにも多く含まれます。

基本的に、これらの食品を避けることが、コレステロール値を下げる第一歩となりますが、どの食品にも他の栄養素が含まれていますので、全く摂らない、ということではなく、摂りすぎない、ということに意識してください。

LDLコレステロールを下げる食品を積極的に摂る

LDLコレステロール値を下げる食品は青魚のDHAとEPA、野菜類、大豆など数多くありますが、どれか1つの食品を集中して摂るのではなく、いろいろな働きのあるものをバランス良く食べるのがベストです。

運動して中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールを下げる

LDLコレステロールを増やすものとして「中性脂肪」があります。これは肥満の原因になっている脂肪分なので、中性脂肪が増えるとLDLコレステロールも増えることがわかっています。

中性脂肪を減らすには、脂肪分を燃焼させる「有酸素運動」が有効です。また、基礎代謝を上げて、普段からエネルギーを使う体にしておくことが重要になります。

脂肪分を燃焼させる「有酸素運動」と、基礎代謝を上げるための「無酸素運動」に上手に取り組むことがコレステロール値を下げる一歩になります。

肝機能を高めるため、禁酒!禁煙!

コレステロールが高い人は、肝機能が落ちている場合も多いです。お酒を飲む方は、慢性的に肝臓に負担がかかっていて、肝臓のコレステロール回収能力を妨げている可能性があります。「沈黙の臓器」と呼ばれ、本格的な異常が出るまで自覚症状のない肝機能低下に気づくチャンスでもありますので、お酒は徐々に控えていきましょう。

また、タバコは、血管に付着したコレステロールや油を酸化させ、動脈硬化からの狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高くなります。高コレステロールと組み合わさると非常に危険です。いきなり禁煙はできなくても、なるべく本数を減らすよう心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

豆乳を飲もう

豆乳は大豆からできており、健康志向の高い人に愛飲されています。

早起きは三文の徳

みなさんは、朝活してますか?朝強いですか?

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。