ベイスターズ 4-9 広島カープ

ベイスターズ 4-9 広島カープ

勝: 岡田明丈 (10勝4敗)
負: エスコバー (0勝1敗)

先発全員安打の猛攻で、ベイスターズを撃破!!これでこのカード勝ち越しと、貯金も今シーズン最多タイの28としました。素晴らしい攻撃陣でしたね。
広島カープは3回、エルドレッド選手、バティスタ選手の連続ヒットで0アウト1,2塁のチャンスを作ると、続く西川龍馬選手にタイムリーヒットが飛び出し1点を先制すると、1アウト後、岡田明丈選手が2点タイムリーヒットを放ち3-0とリードを広げました。しかしその裏、先発の岡田選手がヒットとフォアボール2つで0アウト満塁のピンチを作ってしまうと、宮崎選手に3者連続フォアボールとなると押し出しのフォアボールを出し1点を返されると、戸柱選手のダブルプレーの間に1点を追加され3-2と1点差まで詰め寄られてしまいました。突如崩れてしまう岡田選手。毎回同じことの繰り返しですね。本当にもったいない失点です。
しかし、5回、先頭の丸佳浩選手が2ベースヒットで出塁すると、鈴木誠也選手に2ランホームランが飛び出し2点を追加すると、バティスタ選手にもホームランが飛び出し追加点をあげると、相手選手のエラーの間にさらに加点し、この回4点を奪い、7-2と大量リード。その後、お互い2点ずつ加え、終わってみれば9-4と広島カープが大勝。先発の岡田選手に勝ち星が付き、自身初の二桁勝利を達成しました。
この試合も岡田選手が突如崩れ、雲行きが怪しくなりましたが、打線がしっかりカバーしてくれました。岡田選手は5回を投げて75球4四死球3失点。まだまだ投げられる球数ではありましたが、ここでの降板は、首脳陣の評価でしょう。二桁勝利おめでとうと言いたいところですが、この試合は打線に救われた感じでした。首脳陣、ファンの信頼を勝ち取れるように次の試合長いイニングを投げられるよう期待しています。

猛打炸裂!!強い、強すぎる!!!

この試合、先発全員安打の14安打9得点で快勝した広島カープ。
安部友裕選手、松山竜平選手を欠く中でも、レッドマシンガン打線は健在ですね!!
この試合のホームランは3本。
5回に鈴木誠也選手の今シーズン23本目となるホームランと、バティスタ選手の9号ホームラン。そしてとどめは9回にエルドレッド選手の24号ホームラン。どこからでも点が取れますね。安部友裕選手、松山竜平選手の代わりにスタメン起用されている西川龍馬選手、バティスタ選手もしっかりチャンスを生かし、得点に絡む仕事をしてくれています。選手層が本当に厚くなりましたね!!
この試合終了時点でのチーム打率は,279と12球団ダントツのトップ。打線もしっかり機能し、つながりを見せてくれていますね。本当に脱帽です。
8日の試合の結果次第では球団史上最速となる優勝マジックが点灯します。
この好調を維持し、これからも勝ち進んでいって欲しいですね。

8月8日の試合

中日ドラゴンズ 対 広島カープ
【予告先発】
中日ドラゴンズ: 鈴木翔太 (5勝4敗)
広島カープ: 野村祐輔 (7勝4敗)
ナゴヤドーム 18時プレイボール

広島カープ先発は野村祐輔選手。
野村選手は中日ドラゴンズとの相性が非常によく、昨シーズンから負け知らず。得意の中日ドラゴンズ相手に好投し、3連勝とマジック点灯に期待です。
野手の注目選手は鈴木誠也選手。
ここ最近、調子を上げてきている広島カープの4番バッター。
昨シーズンも夏頃から成績を上げていき、ホームラン29本、打率,335をマークしました。夏男の鈴木誠也選手なので、これからさらに成績を上げてチームの勝利に貢献して欲しいですね。
マジック点灯は意識せず、いつも通りの試合をすれば絶対勝てると思うので、気負いせずしっかり戦って欲しいですね。
この試合も勝つぞ!頑張れ広島カープ!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.36 〜7月最後に痛い連敗!巨人戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

育成枠出身の1流選手

ひと昔前だったら生まれてなかった! シンデレラストーリーを歩んだ育成枠出身選手をご紹介します!

今年の夏の甲子園はホームランが異常に多い!?その背景とは?

毎試合のようにホームランが飛び交ってます。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。