同カード勝ち越しをかけた戦い

昨夜はホークスが松田選手の勝ち越しタイムリーで延長戦制しましたね。8/6の先発武田投手は西武ライオンズに相性が良いです。対するライオンズの先発ピッチャーはウルフ投手。ウルフ投手は動くボールで凡打を築くタイプで現在8勝とこちらも調子がいいですね。ライオンズ打線はやはりこの男5番に上がった山川穂高選手に注意ですね。ホークスも右ピッチャーのウルフ投手という事で左バッターをずらっと並べてきました。この試合はどちらに流れがいくのでしょう!

試合の流れを決めた一発!

やはり両チーム先取点を先に欲しいのか、序盤から仕掛けてきたのはライオンズでした。2回ウラ先頭7番外崎選手が死球でノーアウト1塁。セオリーならば、8番炭谷選手に送りバントなはずですが、ホークス武田投手を簡単打ち崩せないと思ったライオンズの首脳陣は炭谷選手にバスターエンドランを決行。打球は三遊間を抜けレフト前へ、スタートを切っていた外崎選手も三塁でノーアウト1塁3塁を作ることに成功。9番金子選手は倒れるものの、1番秋山選手がきっちり犠牲フライで先制点0-1。追いかけるホークスは5回表の攻撃、先頭の6番中村晃選手が四球、続く7番明石選手が送りバントで1アウト2塁、8番上林選手がフルカウントでライトへタイムリーヒットで同点1-1。しかし5回ウラのライオンズの反撃、先頭9番金子選手がサードのファンブルで出塁、続く1番秋山選手はショートフライで1アウト、2番源田選手がライトへヒットで1アウト1塁3塁。ここで3番浅村選手ピッチャーゴロでゲッツーかと思われましたが、ゴロをさばくのが遅れ、2塁アウト、1塁は浅村選手気迫のヘッドスライディングで間一髪セーフで3塁ランナーが帰り勝ち越し1-2。この1つのアウトが取れない事がこの後に、、、続く4番中村選手が四球。ここで最も嫌なバッター5番山川穂高選手。レフトへのスリーランホームランで1-5。ゲッツーが取れていれば。。。その後も8回ウラに外崎選手のソロホームランで1点を追加1-6。ライオンズの一発にホークス打線も沈黙1-6で敗北。3連戦を1勝2敗と負け越してしまいました。

8/8ZOZOマリンスタジアム
ホークス先発 石川柊太投手
マリーンズ先発 石川歩投手

8月の暑さの中

8/8からはお得意様の千葉ロッテマリーンズを相手に3連戦ですね。現在マリーンズ相手に13勝3敗と大きく勝ち越ししていますね。しかしマリーンズは戦力を確保し、キューバ代表サントス。久しぶりの日本球界復帰のペーニャ選手を獲得。打線に厚みが出てきましたね。そんなマリーンズ相手に石川柊太投手が先発予定。前回登板は負け投手となってしまいましたが、この先発のチャンスをものにしてほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プロ野球交流戦の行方!!

セ・パのプライドをかけて!

ベイスターズ、優勝への道 vol.20 〜強力打線を攻略せよ!福岡ソフトバンク戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

交流戦までのチーム状況〜広島カープ〜

広島カープの交流戦までの試合をまとめて見ました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。