接戦の結末は

8月に入り最初の試合は京セラドームでバファローズ相手の試合となりました。ホークス先発は石川柊太投手とバファローズ先発はディクソン投手の投げ合いとなりました。ホークス石川投手はオールスター前の試合からの久々の登板となりました。一方ディクソン投手もローテーションを守り、試合前までは7勝6敗と勝ち星が先行し、防御率も2点台と安定しています。両チーム打線は好調ですね。バファローズも3番中島、4番ロメロ、5番マレーロ、6番T-岡田とこわいバッターが揃っています。そんなバファローズ3連戦の初戦はどうなったのでしょうか!?

追いかける展開ながら・・・

立ち上がりはバファローズ先発のディクソン投手は持ち味の動くボールのツーシームを使いホークス打線を内野ゴロで打ち取るピッチングとなりました。一方ホークス石川投手は先頭バッターの吉田選手に四球を与えてしまいますが、持ち味の直球やカーブを上手く使いかわしてきました。ゲームが動いたのは3回ウラバファローズの攻撃先頭の9番若月選手にヒットを打たれると、1番吉田選手に2打席連続の四球を与えノーアウト1塁2塁。続く2番西野選手にはバントヒットを許しノーアウト満塁。ここで迎えるは先週金曜日に楽天戦で満塁弾を放っている勝負強い3番中島選手です。ボール先行した石川投手の4球目をレフトに犠牲フライは放ち0-1と先制。続く4番ロメロ選手をショートゴロ併殺打により最少失点で抑えました。続く4回ウラには1アウトから6番T-岡田選手に特大のホームランを許し0-2。5回表のホークスの反撃は6番中村選手がヒットで出ると、7番上林選手のタイムリースリーベースで1点を返します1-2。5回ウラ、ピリッとしない石川投手に2番西野選手のソロホームランを浴びせ1-3。この後も3番中島選手を振り逃げで出し、4番ロメロ選手を打ち取るも5番マレーロ選手に四球を与えたところで、次の6番T-岡田選手が左バッターなのでホークスは飯田投手に交代。T-岡田選手をゴロで打ち取りましたが、続くバッター死球。ツーアウト満塁で続くバッターにも押し出し四球1-4。この5回までは点の取られ方が良くないホークス。終盤に見せ場が!

最終回に・・・

5回以降は両チーム投手がバッター陣を抑え、バファローズのディクソン投手は7回1失点の好投。9回にはバファローズ抑えの黒木投手マウンドに。先頭4番柳田選手にヒット。続く5番デスパイネ選手は三振。6番中村晃選手がヒットで続き、7番好調上林選手のタイムリーで2-4。続く真砂選手は倒れるもツーアウト2塁3塁で途中出場の福田選手が三遊間を抜くタイムリーで4-4。土壇場で同点に追いつき延長戦へ。しかも抑えの黒木投手から左バッターが全てヒットを放ち同点にしているので、収穫もありました。
しかしその後は両チームピッチャー陣が粘り延長12回の表ホークスは抑えられ勝利がなくなりました。せめて引き分けにしたいホークスは連投のサファテ投手を投入。疲れがある中の投球でしたが先頭バッターを抑えらるも、続く4番ロメロ選手に初球カーブを左中間スタンドにサヨナラホームランを浴び4-5で試合終了。5時間を超える試合はバファローズの勝利で終わりました。ホークスは先週から9連戦と休みがない中サファテ投手の起用など夏場は投手陣が鍵になるので使い方も考えなければなりませんね。切り替えて次の試合に向けて欲しいです。

8/2の予告先発は
ホークス先発 バンデンハーク投手
バファローズ先発 松葉投手

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

【春の選抜高校野球大会】下馬評を覆しセンバツを盛り上げた!旋風を巻き起こした高校たち

春の選抜高校野球大会80年以上の歴史の中で、印象に残る旋風を起こした高校を厳選して紹介します。

背番号51と52

イチローに憧れて!!

2017年シーズン注目選手〜東京ヤクルトスワローズ〜

今シーズンも間も無く開幕。 開幕前に各チームの注目選手を紹介していきたいと思います。 今回は東京ヤクルトスワ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。