寝不足と体臭

体臭と睡眠には何ら関係がないような気がしますが、やはり睡眠不足は大敵です。睡眠不足になると、基礎代謝が落ちてしまいます。つまり、身体の機能が過不足なく稼働している状態ではないということです。基礎代謝が落ちるとまず体温が下がり、胃腸や肝臓などの機能が低下してしまいます。

特に肝臓は臭いの元を分解するところですので、この機能が低下してしまうと、呼気や汗に臭い成分が含まれるようになり、口臭や体臭が発生するもとになってしまうのです。また、睡眠が不規則だったり、短すぎると、皮脂腺の働きが活発となり、皮脂が過剰に分泌されます。皮膚にいる細菌が皮脂を分解した際に臭い物質を作り出してしまいます。

さらに皮脂は酸化されると体臭がきつくなります。以上のような原因から、睡眠不足になると体臭が強くなるのです。ちなみに、睡眠不足になると唾液の分泌量も減るため、口臭の原因にもなるそうです。

もともと、不規則な睡眠は不規則な生活へとつながっていることも多いですし、ストレスを感じていることも多いと思います。そのストレス自体が、活性酸素を発生させ、臭いの原因となる汗を発汗させたりもします。

対策としては、規則正しい生活を営めるよう努力することでしょう。人により睡眠時間の確保も十分だといえる時間の差もあると思いますが、体臭が気になるようなら、一度、寝不足を解消するためにしっかりと睡眠をとることをお勧めします。

改善方法

睡眠不足には『セロトニン』を補うとよく眠れるようになるそうです。
セロトニン不足の場合、眠りずらくなることがあります。散歩や食事で増やすいいみたいです。散歩して太陽の光を浴びたり、カツオ、マグロ赤身、ハマチ、豚の脂身なし、牛レバー、豚レバー、鶏レバーなどの食材を取ると良いみたいです。

寝不足だと体の異変が多くなるようですね。
体臭だけでなく、色々と不具合も出てくるようなので、しっかり睡眠をとって
健康的な生活を送りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

暑い時期に注意しよう。内蔵型冷え性

今年の夏はいつもよりも暑くなるそうですね。 冷たい物を食べたり、クーラーにあたってばかりいると内蔵型冷え性に…

あれ身長伸びたのかな?そんな経験ありませんか?

たまたま健康診断などで早朝に身長を測ってみたら、細かい差なんて気にしないという人が大半かもしれませんが2セン…

暑い時には熱い食べ物が効果的!?

実は夏バテには食べ物にも原因があった!?

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です