豆乳とは

豆乳とはゆでた大豆をすりつぶして絞った時に出る液体のことです。
この時に出る粕が『おから』ですね。この豆乳に『にがり』を混ぜると『豆腐』になります。
大豆はあまり消化の良くない食物と言われていますが、豆乳は液体のため大豆や豆腐などの固形よりもより消化吸収が極めて高いので、大豆の栄養成分を効率よく消化吸収してくれます。(92~98%消化吸収されるとされています)そして、豆乳は高たんぱくでコレステロールが低いので健康やダイエットに。
また一般の人はもちろん、病人、老人、離乳食にも適しています。

人の体の三大栄養素であるタンパク質、糖質(炭水化物)、脂質のうち、特に豆乳は、良質な夕ンパク質と脂質に富んでおります。
他に豆乳の食品成分は、『エネルギー』『水分』『灰分』『カリウム』『りん』『鉄』などの『無機質』『B群』『葉酸』などの『ビタミン』『脂肪酸』『食物繊維』など、豊富な栄養素が、バランスよく含まれているのです。

効果とは

・美肌効果
豆乳には、美容に良いとされているビタミンB群、E群が多く含まれています。
ビタミンB群の中でもビタミンB6は、吹き出物や肌荒れをふせぎ、ホルモンバランスの乱れを整える効果があります。ビタミンEは、肌の老化防止として、抗酸化作用があります。
また、ビタミンE群はホルモン分泌を活発にする働きがあり、血行促進作用もあり、肩こりの改善などがみられるという報告もあります。
最近では、豆乳成分が含まれた化粧水も市販されています。豆乳を飲むのは苦手という方は、化粧水など普段使うものにイソフラボンを取り入れるのもよいでしょう。

・便秘解消
便秘を解消してくれる成分として、食物繊維や乳酸菌などはご存じの方も多いかもしれませんが、実は豆乳に含まれている「オリゴ糖」も体内環境を良好に保つために、不足したくない栄養素のひとつです。

飲むタイミング

豆乳は、朝起きた時に飲むと効果が高いと言われています。豆乳には食物繊維が含まれており、朝起きた後、腸が働き始めた頃に飲むとダイエットの効果が高くなると言われています。また、豆乳に含まれる「ソイプロテイン」は吸収に時間がかかるため、腹持ちがよいのも特徴です。朝食に1杯飲んでおくと食欲を抑える効果も期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今が旬。サワラの効果が凄い!?

さわらは魚へんに春と書くので、「春を告げる魚」とも言われますが、回遊魚ですのでおいしさが乗ってくる時期は獲れ…

体が発する疲労のサイン

疲労のサインを見逃さないように

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。