千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国が8-0でプエルトリコに快勝。準決勝で侍ジャパンを破って初の決勝進出を果たした野球の母国が、悲願の世界一に輝いた。試合後に今大会のベストナインが発表され、投手部門で侍ジャパンの千賀滉大(ソフトバンク)が日本勢から唯一選ばれた。
侍ジャパンで唯一のベストナインに選ばれたことについて「短期決戦で11イニングしか投げてない。たまたまだと思う。ただ、しっかり海外のバッターと戦っていけたということは自信にしたい」とコメント。
準決勝で米国に敗れ初の国際大会は悔しい結果に終わったが「野球人生にとってはプラスになったと思う。(この経験を)ホークスで生かしていきたいと思う。新しい発見もあったし、知らなかったことも発見できた。楽しかったです」と前を向いた。

育成から世界のベストナインへ

「育成の星」が「世界のベストナイン」となった。千賀は4試合に登板し、1勝1敗、防御率0.82。1次ラウンドの豪州戦(8日)で2回0封の好救援で勝ち投手になると、2次ラウンド初戦のオランダ戦(12日)も救援で2回0封。同3戦のイスラエル戦(15日)は先発に抜擢され、5回0封で4強進出の立役者となった。

準決勝・米国戦(22日)は2番手で救援し、決勝点を献上したが、2イニングで4者連続を含む5奪三振。「お化けフォーク」を武器に快投し、米メディアからも称賛されるなど、鮮烈なインパクトを残す大会となった。NPBの育成から這い上がった右腕が、世界のベスト9人に上り詰める、サクセスストーリーが描かれた。

WBCベストナイン2017

【投手】
千賀滉大(日本)
ストローマン(米国)
ザイド(イスラエル)

【捕手】
モリーナ(プエルトリコ)

【一塁手】
ホスマー(米国)

【二塁手】
バエス(プエルトリコ)

【三塁手】
コレア(プエルトリコ)

【遊撃手】
リンドア(プエルトリコ)

【外野手】
バレンティン(オランダ)
ポランコ(ドミニカ共和国)
イエリチ(米国)

【指名打者】
ベルトラン(プエルトリコ)

東京ヤクルトのバレンティンも

外野手部門でオランダのウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が選出された。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2月25日は筒香(ツー・ツー・ゴー)の日(笑) 侍ジャパン、四番は筒香!!

本日2月25日、強化合宿中の野球日本代表「侍ジャパン」が、ソフトバンクとの練習試合を行う。4番は我らが横浜ベ…

ベイスターズ、優勝への道 vol.8 〜主砲覚醒なるか?!阪神タイガーズ戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。