「玄米」には現代人に必要な栄養素が豊富!

栄養価が高く、便秘解消から、がん予防にまで効果があると言われている「玄米」ですが、栄養価が高いのはご存知でも、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?しかし、現代人が不足しがちな栄養素を兼ね備える「玄米」は、積極的に取り入れるべきかもしれません。

栄養がたっぷり!「ぬか」&「胚芽」

玄米とは、精米していない米のことで、精製された白米では取り除かれてしまう表皮(ぬか)を残した状態のものを言います。そして、米の栄養のほとんどが、ぬかと胚芽に凝縮されているそうです。

主な栄養素はとして、ビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、ミネラルで、これらはすべて人間に必要な栄養素で、欧米型の食事が主流となった現代人は特に不足しがちな栄養素です。さらに、玄米の食物繊維は白米の5倍と言われ、食物繊維は消化されないため、体内の老廃物を排出してくれる効果もあります。

玄米は必須の栄養成分を備えたスーパーフードと言えるのです。

美味しく食べるには、炊き方が重要!

とはいえ、「玄米=美味しくない」と思われている方も多いと思います。ですが、炊き方次第で美味しくなるコツがあるそうです。

玄米の美味しさは、モチモチとした食感と香ばしさ。白米と同じように炊いていては、その美味しさを引き出せないようです。美味しく炊くための3つのコツがあるそうですよ。

コツ① 米の表面に傷をつけるように洗米する!

米をこすり合わせて表面に傷をつけるのがコツだそうです。
玄米は表面のぬか層が吸水の妨げになっているので、もみ洗いで表面に傷をつけることで、水を吸い込みやすくすると良いそうです。

コツ② 吸水時間は3時間!

最低3時間しっかりと吸水させることが大事です。
白米なら30分程度ですが、玄米の場合は、3時間は浸しましょう。しっかりと水分を吸うことでモチモチな炊き上がりになるのです。

コツ③ 圧力釜で炊く!

最近の炊飯器には「玄米モード」が付いているものもありますが、やはり圧力鍋(釜)で炊くとモチモチ感が格段に違うそうです。。一度にたくさん炊いてしまった場合も、熱々のうちにお茶碗1杯ずつをラップで包んで冷めたら冷凍庫へいれておけば、電子レンジで解凍したときも、しっとりモチモチです。

以上の3つにコツを用いて、現代人の不足しがちな栄養素を、玄米で美味しくとりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

最強万能野菜 クレソンを食べよう

日本人にはあまり馴染みがない最強万能野菜、クレソンを紹介していきたいと思います。 きっとクレソンを食べたくな…

疲労回復や成人病予防にも?梅酒飲むなら『本格梅酒』!

アルコールの苦手な方にも人気の梅酒。中でも本格梅酒がオススメです。

オススメの料理漫画!!

面白さと料理の参考に

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。