免疫力アップ

ズッキーニにはビタミンCとβ-カロテンが含まれているため、免疫機能のサポート・風邪やインフルエンザ予防としても役立つと考えられています。ビタミンCは白血球の働きを活発化したり、抗ウイルス作用を持つインターフェロンの分泌促進作用が認められています。加えて自らが病原菌を攻撃する働きがあることも報告されていて、免疫力の保持・強化にも役立つビタミンの一つとされています。
加えてビタミンCはコラーゲン生成を促す働きから細胞の繋がりを密にしてウィルスの侵入を防ぐ働きがあるのではないかと考えられていますし、β-カロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換されることで呼吸器粘膜を修復・強化しウィスルの侵入を防ぐ働きがあると言われています。ラタトゥィユの様に他の食材と組み合わせることでバランスよく摂取するようにすると良いそうです。カリウムが多いため大量の汗をかいてカリウムが失われることで起こる夏バテの予防にも有効とされています。

妊婦の方にオススメ

妊婦さんになると、積極的に摂取する事を勧められる葉酸ですが、これがズッキーニには多く含まれています。
また、貧血予防に効果がある鉄分や、赤ちゃんの成長および母親の骨粗しょう症の予防に必要不可欠なカルシウムも含まれています。妊婦さんに起こりがちな便秘も、ズッキーニの食物繊維が解決してくれます。
これだけを見ても、妊婦さんにとってはメリットが多い野菜なので、ぜひ積極的に食べておきたい野菜です。
ちなみに、授乳中の方も母乳に必要な鉄分やカルシウムを補給できるのでオススメです。赤ちゃんにも離乳食の中期から与えることができるので、親子で美味しく食べれば、食育にも良いですよ。

アンチエイジング

ズッキーニに含まれているβ-カロテン・ビタミンC・ビタミンEは抗酸化作用を持つビタミンのため、肌細胞の酸化を防いで若々しい状態を維持する=アンチエイジングにも繋がると考えられます。β-カロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換されることで、皮膚や粘膜の維持や皮膚の新陳代謝向上にも働きかけてくれます。この働きからも皮膚のターンオーバー促進や若々しさの保持効果が期待できますし、肌のカサつき・乾燥やニキビなどの肌トラブルの予防や改善に繋がると考えられています。
加えてビタミンCも抗酸化以外にもコラーゲンの生成を促すことの両方から若々しくハリのある肌を作るサポートをしてくれるビタミンであり、シミやソバカスの原因となるメラニン色素を作るチロシナーゼの働きを防ぐことで紫外線対策や美白にも効果が期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

昆布の力

昆布には様々な栄養と効果があるようです。

夏のイメージのパイナップル!実は春が旬のフルーツ!

子供から大人まで好かれるパイナップルの栄養や効果を紹介します。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です