汗とは

汗(あせ)とは、哺乳類が皮膚の汗腺から分泌する液体であります。およそ99%が水でありますが、さまざまな溶解固形物(主に塩化物)も含む。o-クレゾール、p-クレゾール、および少量の尿素などの化学物質もしくは芳香化合物も含まれています。汗を分泌することを発汗と言います。

汗にも種類があります

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれに汗の性質や汗を出す仕組みが異なります。
エクリン腺は全身のほとんどに分布しています。主に体温調節のために汗を出す汗腺で、分泌される汗は無味無臭です。

一方、アポクリン腺はカラダの限られた部分にあり、特にワキの下に多く分布。独立して皮膚に開口しているエクリン腺と異なり、毛根に開口部があります。
アポクリン腺から出る汗は白く濁っていて、脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分を多く含んでいます。もともとはフェロモンの役割をはたしていたともいわれています。

アポクリン腺から汗を出すには

アポクリン腺の汗は、時間をかけてじっくり身体を温めることでしか出てきません。急激な運動より有酸素運動などでじわじわ身体を温めるか、半身浴や岩盤浴などでゆっくり身体を温めるのがオススメ。
半身浴や岩盤浴をする時は入浴前、入浴中、入浴後の3度に分けてコップ1杯ぶん(200ml)の水を飲みましょう。水分を補給することで汗をかきやすくなり、老廃物が効果的に排出されます。入浴中、口の中に水を含んでおくのも驚くほど汗がたっぷり出ますよ!
温度は「長時間入っていられる、少しぬるめの温度」がオススメです。アポクリン腺を開くには時間がかかるので、じわじわと温まる程度の温度がちょうど良いでしょう。

ベタベタ、ドロドロの汗をかいたら一度シャワーなどで洗い流してスッキリします。その後もう一度温まると、身体の芯から冷えない身体になって新陳代謝が高まります。何度も繰り返して、ドロドロ汗がサラサラに変わってきたら老廃物がしっかり排出できたしるしです。

最後に

汗は、本来無臭ですが、アポクリン腺から出たものは皮ふ表面でにおいを発するものに変わります。汗をかいたらそのままにせず、こまめに拭くように心がけましょう。水分補給も忘れずに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

実は寝酒が睡眠不足に

暑くなる時期には寝酒する人も多くなりますよね

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。