クーラー病とは

クーラー病(冷房病)とは、エアコンなどの使用によって、身体が冷え過ぎてしまい、様々な体調不良を引き起こすことをいいます。
代表的な症状として、肩こりや頭痛をはじめとして、眩暈、体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など様々な症状が現れることがあります。

主な原因とは

夏、オフィスや電車、商業施設の中などではエアコンが使用されていて、室温がとても涼しく保たれています。ですが、エアコンが効きすぎてしまってちょっと寒く感じることもありますよね。
このような冷房が効きすぎてしまっている環境にいると、自律神経が乱れてしまい、倦怠感や肩こりといった冷え性によく似た症状を引き起こすことがあります。

人間の体は、夏には皮膚の下にある血管を拡張させて、熱を逃がしやすい体にするようになっています。逆に冬には、血管の下の皮膚を収縮させて、熱を逃がしにくい体に変化させているのです。

冷房が効きすぎてしまっている環境にいると、季節は夏なのにも関わらず体は冬型の体に変化してしまいます。
ところが、一歩外に出ると気温が高いですから、冬型の体からまた夏型の体に戻そうとするのです。
このような事を繰り返していると、自律神経が混乱してしまって、体温調節機能やホルモンバランスにも乱れが生じます。これが、クーラー病の原因なのです。

対策

・クーラーの使用を控えましょう。
しかし、暑いのを我慢していると熱中症になってしまいます。
もし、クーラーを使用するなら、外気温と室温の温度差を5度以内に設定しましょう。
オススメの設定温度は27〜28度と言われてます。
また、クーラーの風を直接当たらないようにしましょう。
寝ている時もタイマーで自動に切れるようにしておくことで、一晩中使用しないですみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

名脇役、三つ葉を知ろう

三つ葉はとても香りがよく、お吸い物や丼物の具、爽やかな香りと鮮やかな緑はとてもいいアクセントになります。

声が出ない!風邪ひいた。いや、そんなことはない

たまにですが声が出にくい時があったりしませんか?風邪をひいているという症状が自己認識しているのであれば原因は…

こんにゃくはダイエットに最適です

ローカロリーで食物繊維たっぷりの、日本が誇るヘルシー食材の代名詞「こんにゃく」

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。