4/21 中日ドラゴンズ4-3 広島カープ

中日ドラゴンズ 4-3 広島カープ
勝・鈴木博志 (1勝0敗)
負・ジャクソン (0勝1敗)

勝ちきれませんでしたね。。。昨日の敗戦を引きずってしまっている印象ですね。
広島カープは初回、2アウト1、2塁のチャンスを作り、バティスタ選手のタイムリーヒットで幸先よく先制点を挙げました。
広島カープ先発はジョンソン選手。初回の立ち上がりの制球が安定せず平田選手にタイムリーヒットを打たれすぐさま同点に追いつかれてしまいました。その後、互いに点を取り合い、3-3で迎えた中日ドラゴンズの攻撃。この回から登板した2番手のジャクソン選手が、2アウト後にモヤ選手に勝ち越しにホームランを打たれ勝負あり。3-4で敗戦し2連敗を喫してしまいました。
打線も8安打を放ちながら3得点とつながりに欠け、先発のジョンソン選手は7回を3失点と好投するも、なんか勝ちきれない試合でした。非常にもったいない敗戦です。

昨日の大敗が尾を引いている??

昨日の大逆転負けが影響している試合だったかもしれませんね。
やはり野球は団体競技なので、メンバーでリズムを作り一丸となって戦っていくスポーツですが、昨日の首脳陣の采配は選手の指揮を下げ、チームの雰囲気も悪くしてしまった可能性がありますね。この試合も再三チャンスは作りましたが、なかなか追加点を挙げることが出来ず、相手のホームラン1発で敗戦しまった試合で、正直勝てる試合でした。苦手のナゴヤドームということもありますが、明日はしっかり気持ちを入れ替え、試合に挑んで欲しいですね。

4/22の試合

中日ドラゴンズ 対 広島カープ
予告先発
中日ドラゴンズ・ガルシア (2勝0敗)
広島カープ・大瀬良大地 (2勝1敗)
ナゴヤドーム 14時プレイボール

広島カープ先発は大瀬良大地選手。
前回登板のジャイアンツ戦では勝ち投手にはなったものの、6回を5四球2暴投とコントロールに課題を残した登板となっています。今シーズン入って2試合連続5つのフォアボールを1試合で献上してしまっているので、この試合はコントロールをしっかりし、打たせて取るピッチングを心がけて欲しいですね。素晴らしい球を持つ大瀬良選手です。そう簡単には打たれないでしょう。
野手の注目選手はバティスタ選手。1軍に復帰してからホームランが出ていませんでしたが、4/21の試合で今シーズン初ホームランをマークしました。徐々に当たりが出始めてきたバティスタ選手のバットでこの悪い流れを止めることができるでしょうか。非常に楽しみです。
この試合は勝って勢いつけるぞ!頑張れ広島カープ!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

交流戦3連覇!!

最終戦までもつれる試合。

ホークス背番号「2」の継承

受け継がれていくチームの番号

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。