貧血予防

あさりには鉄分やビタミンB12といった栄養を多く含んでいます。
あさりに含まれている鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、ビタミンB12はヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素となる働きをします。
鉄分、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、ビタミンB12には肝臓の機能を強化したりする効能もあります。
鉄分はビタミンCと摂るとカラダへの吸収率を高める働きあります。

肝機能の強化

アサリにはタウリンやベタインというアミノ酸が含まれいます。ベタインには胆汁産生を促す働きがあると考えられていますし、タウリンはアルコールの無毒化(分解)過程で発生する“アセトアルデヒド”の分解を高めるとされています。この2つの成分を補給できることから、アサリは肝機能の強化や二日酔いの予防・改善に役立つと言われています。飲んだ翌朝はアサリの味噌汁が良いという説も理にかなっていると言えます。
またベタインは肝臓への脂肪沈着防止・脂肪排出を促進する働きもあり、脂肪肝予防にも効果が期待できます。加えてベタインは抗酸化作用を持つグルタチオンの産生を維持する働きも期待されていますから、酸化ストレスによって発症リスクが高まる肝硬変・肝炎・肝ガンなどの予防にも役立つのではないかと考えられています。タウリンも肝臓を健康に保つ働きが期待されている成分なので、二日酔いケアだけではなく日々取り入れたい食品です。

生活習慣病予防

あさりにはタウリンも豊富に含まれています。
タウリンとは、含流アミノ酸の一種で、筋肉や胆汁酸と結合して存在しています。食品ではタコやイカ、牡蠣など魚介類に多い栄養です。
タウリンには、肝臓の機能を正常にする効果やコレステロール、血圧を下げる効能もあります。これらの効能から、動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防も期待できます。
タウリンは水溶性ですから調理方によっては減ってしまいます。「焼き:30%」「煮る:50%」とで異なります。なるべく、あさりは煮汁るやスープも食せるレシピがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

コレステロールって味方らしい

コレステロールは体に悪いと思っていましたが、実は そうではないらしいですよ。

わさびの力

刺身、お寿司のお供のわさび。 辛いですよね。 日本の香辛料の中では最も刺激的であるとも言われています。鼻にツ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です