はじめに

プロ野球も開幕してエース級が投げ合う試合は見応えありますね。
しかし、プロ野球選手のピッチャーでさえコントロールに苦しむ事がありますね。学生の中にもコントロールに苦しむ選手もいるのではないのでしょうか?今回はコントロールが悪い選手の練習方法として、コントロールをつける為のトレーニングを紹介したいと思います。

近い距離から

まず最初は10メートルくらいの位置から投げます。 その距離でどこからも文句が出ないくらいコントロールがついたら、次は1歩下がってまた同じことをします。 このようにしていくと、正規の距離まで下がったときにあなたにはかなりのコントロールがついている・・・と言う練習方法です。

正しいフォームで

制球向上には、投球フォームをきちんとすること。まずは、自分にあった安定したフォームを実につけること。これが最低条件です。軸がぶれていたり、投球時にきちんと目標を見て顔を動かさないことなど・・・、フォームをチェックし、正しいフォームで投げることでコントロールは大きく調節することが可能となります。中途半端に腕を振るとリリースの感覚がばらつきます。必ず同じリリースポイントで投げること。

打撃投手

5球投げたら、全てストライクを投げなければなりませんね。
ど真ん中しか投げないことで“ここでボールを離せばど真ん中にいく”ということを意識しながら投げたりすると良いですね。
ど真ん中に投げるコツがわかれば、コースの投げ分けもできるようになります。狙いをど真ん中から少しずらせばいいわけですからね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

野球少年が激減している!?その原因とは?

将来の野球界が不安になる事態が今、起こっています!

埼玉西武ライオンズを応援しに行こう!!

頼むから勝ってください!今年こそは・・・お願いします!

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。