2017-2018シーズンも各チーム残り残すところ2〜3試合となってきましたが、今年のイースタンカンファレンスのシーズン1位はトロント・ラプターズに決定しました。
ラプターズの今シーズンはどういったシーズンだったのでしょうか。

球団記録を更新した今シーズン

今シーズンのラプターズの成績は、残り2試合を残し58勝22敗。
15-16シーズンに記録した、シーズン最多勝利数の56勝を上回り球団記録を更新しています。
ホームで強さを発揮し、現在ホームでの成績は34勝7敗。こちらも球団記録を更新しており、ウェスタン1位のヒューストン・ロケッツと同成績でリーグ1位のホーム勝率です。

昨シーズンのプレイオフセミファイナルで、クリーブランド・キャバリアーズに為すすべなく、0勝4敗でスウィープでの敗戦。
これを見た時に、ロサンゼルス・クリッパーズとトロント・ラプターズは、チームは強いけど過渡期。何か大きな変化がない限りもうチームとして上がることはないかなと思いました。
そして大きな変化はなく迎えた今シーズン。
シーズン1位予想はクリーブランド・キャバリアーズやボストン・セルティックスを推す声が多く、ラプターズは3位か4位といったとこでしたが、見事予想を覆すシーズンとなりました。

チームの1試合平均スタッツも良く、平均得点リーグ3位・平均失点リーグ6位・平均アシスト数リーグ5位・平均リバウンド数は11位の高水準です。
既にチーム初のイースタンカンファレンスシーズン1位となったラプターズ。
残り2試合に勝利すればシーズン60勝。シーズン60勝は本当に素晴らしい数字ですので、達成してもらいたいです。

課題のプレイオフで力を出せるか。

イースタンで1位となったことで、ファイナルまでのプレイオフでホームコートアドバンテージを獲得しました。ホームでの勝率がかなり高いので、大きなアドバンテージを得ました。
プレイオフは5年連続の出場です。

ラプターズのプレイオフといえば、個人的には主力のデローザンとラウリーの波があり、シーズンの様な2人の活躍を見ることが少ない。
といった感じで、プレイオフに弱いイメージが強いです。
特に昨シーズンのプレイオフ。
1stラウンドから波の激しい試合をしており、セミファイナルでキャバリアーズに為すすべなく、0勝4敗でスウィープでの敗戦。
このイメージが強いので、おそらくこのプレイオフ予想でもラプターズのファイナル進出と予想する人もシーズン成績の割には少ないのではないでしょか。

プレイオフでシーズン通りの戦いができれば、そんな予想を覆してチーム初のファイナル進出も十二分に可能ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

NBAもシーズン終盤。今年もプレーオフ争いが熱い~西地区~

プレーオフ争いが過熱してきたシーズン終盤。西地区の順位争いはどうなっているか。

【NBA】オフのトレードの効果は如何に!~ジミー・バトラー編~

今シーズンが始まるまでに成立したスター選手のトレードの効果はどうだったのか。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。