はじめに

プロ野球も開幕して8試合が過ぎようとしています。
今の話題は埼玉西武ライオンズの27年ぶりの開幕8連勝ですね。
12球団唯一の負けが無いチームです。
他のチームも悪いながら良い内容の選手も多いです。
北海道日本ハムファイターズの近藤選手は4割をキープするなど好調です。
東北楽天ゴールデンイーグルスの則本投手は1000奪三振を達成もしましたね。こういう話題が出てくるとチームも波に乗っていけたりします。
そして今回は福岡ソフトバンクホークスで波に乗っている上林選手の活躍を紹介したいと思います。

得点圏打率は1位

開幕から8試合連続安打で、打率もリーグ2位の・423。藤本打撃コーチは「左も打ってるので、監督も使ってくれる」とうなずいた。連日のように指導を受けた王貞治球団会長からも7日に同コーチの元へ「(上林は)だいぶ落ち着いてきたね」とメールが届いた。上林は「(王会長に)“打ちました!”と(胸を張って)帰れます」と笑った。
得点圏打率は8割でリーグ1位を守り“恐怖の8番”として勝負強さも発揮している。

王会長の助言も

ソフトバンク・上林誠知外野手(22)の今季1号は球界屈指の右腕からだった。6日の楽天戦(楽天生命パーク)の五回、エース・則本昂大投手(27)から左中間へのホームラン。
周囲の期待は絶大で、一発を特に喜ぶのは王貞治球団会長(77)でしょう。キャンプから背番号「51」に注目し、オープン戦も球場に来る度に「上林の打撃は何時から?」と熱視線を送った。直接指導も恒例。試合中に気が付いたことをその場で記した直筆メモまで用意した。
助言で目立つのは「練習ではできているんだから」という言葉。上林は愛情に感激しつつ「会長に言ってもらえるから、思いきってできる」と自分を貫く“武器”にも変えた。「球場にいなくても、いつもみているぞ」とも伝えられている。今季1号も届いたはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

カープびいきvol.28 6月28日 DeNAベイスターズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。

ベイスターズ、優勝への道2018 vol.01 〜ついに開幕!ヤクルト戦〜

1つ1つの勝ち星が今年こそ日本一につながると信じて

都市対抗野球

この大会に向けて仕上げてくる。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。