寝不足、疲れなどで現れる目の下のクマ

目の下のクマ、気になりませんか??
クマがあるだけで疲れて見えたり、老けて見えてしまいますよね。
印象が悪く見えてしまいますので、なんとかしてクマを消したいと思っている方必見。クマの原因と対策をここでは紹介していきたいと思います。

クマの色によって体の状態がわかる??

その日によってクマの色が青かったり黒かったりすると思います。実はクマの色によって体の状態がわかるんです。

【黒いクマ】
黒クマの主な原因は、肌の老化です。加齢によって目の下の皮膚が薄くなってしまい、たるんで影になった部分が黒く見えてしまうのです。むくみがプラスされると、さらに目立ってしまうので、注意してください。
黒いクマは老化が原因なので、目の周りの筋肉を鍛える必要があります。
トレーニング方法としては、目を強く閉じ、それから目を大きく開く。これを繰り返すことにより目の周りの筋肉が鍛えられ、クマもできにくくなります。

【青いクマ】
青クマは、静脈の色で、血液が滞った毛細血管が透けて見えている状態です。色白の人や冷え性の人に多く、寝不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ、目の疲れが原因で、血行不良になると現れやすくなります。
対策としては、血行を良くするために蒸しタオルなどを目に起き温めることが大事です。またしっかり睡眠を取り、お風呂に入ってしっかり温まることが対策となります。

【茶色いクマ】
茶クマの原因はスキンケア方法に注意が必要かもしれません。茶クマの主な原因は、シミやくすみ、色素沈着。UVケアを怠りがちな人、スキンケアの際に肌をこすりすぎる人、アイメイクが濃い人などに現れやすいといわれています。
対策としては、シミやくすみを防ぐ必要があります。外出する際などにはUVカットをしっかりし、スキンケアも毎日行うとこが大事です。

クマを作らないために

クマにも色々な種類があり、それぞれ対策が異なります。
クマの色を確認し、自分の健康状態を把握してそれにあった対処法を行いましょう。
これで目の下のクマともおさらばですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

旬の「いなだ」を食べよう!

関東では「いなだ」関西では「はまち」と呼ばれているらしいです。

オメガ6とは?

オメガ6ってしっていますか?

牡蠣で当たる当たらないの理由があった!?

牡蠣はおいしいからたくさん食べたい!けど牡蠣を食べてノロウイルスに感染するのは誰でも嫌ですよね。 そこで、目…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。