はじめに

ブラジルと言うと、サンバも有名で陽気なイメージですね。
スポーツもサッカーやバレーボールが強くて有名です。
私はブラジルの国技はサッカーなのかと思いきや違いました。
日本ではあまり聞いたことないかもしれませんが、カポエイラという競技です。今回はそんなカポエイラについて少しですが紹介したいと思います。

カポエイラとは

カポエイラとは、様々な事を禁止されていたブラジルの奴隷達が、音楽にあわせダンスにカモフラージュしながら練習してた格闘技、護身術が元になってできたと言われている伝統芸であり、スポーツですね。
カポエイラの特徴と言えば、華麗でアクロバティックな技の数々と、元来が護身術なので、全ての動きがアドリブを効かせたインプロビゼーション(即興)でありながら、お互いに歯車のように動きを噛み合わせて闘う事、そして必ず独特の音楽とともに、リズムに乗りながら闘う事です。
カポエイラを見た事ない人でもその技術はきっとどこかで目にしているはずです。ストリートダンスの中にも取り入れられていますし、バレエ界、最近だとフィットネス(エクササイズ)界でもカポエイラの技術が良く見られます。

勝敗

カポエイラは基本的に勝敗をつける事をしません。あくまでお互いのベストを出し尽くし、終わった後に握手で終わる。
どちらがうまいか等は、はっきりと形で見せなくても、そこにいる全員が心の中で思うだけでいいのです。
時には足払いなどでわかりやすい決着をつける時もありますが、それも相手を打ち倒すと言うような厳しいものではありません。
他の格闘技にあるような、明らかな優劣をつけないと言う事は、長所と短所がありますが、誰もがその瞬間は主役になれる、カポエイラの優しさは全ての参加者に元気を与えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

チリの国技ロデオ

サッカーも人気だが

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。